パン職人になるには

パンの専門学校に通う道

パン職人になるためのひとつの道は、パン作りを学ぶことができる専門学校に行くことです。

パン職人は国家資格が必要な職業ではありませんが、パン作りの基本的なノウハウを習得している証である「パン製造技能士」の資格や、ケーキなどの製菓に関する知識や衛生面を守るためのノウハウを身につけている証である「製菓衛生士」や「食品衛生責任者」などの資格を取得しておくと仕事に役立てることができます。

専門学校ではパン作りの技術から経営のコツまで幅広く学び、こうした資格の取得をめざします。

学校によっては、パン屋や菓子店と連携していて、現場実習やアルバイトでの入店を紹介してくれることもあり、幅広い経験を積むことが可能です。

専門学校の場合は、基本的には1〜2年の履修期間を経て卒業し、その後パン屋に就職をしたり開業をめざして準備をしたりすることになります。

パン屋での修行から入る道も

「パンの専門学校に行くための金銭的・時間的な余裕がない」「住んでいる地域には専門学校がない」「早く現場に出て仕事をしてみたい」という人の場合、専門学校には行かずに、パン屋に就職して実際の店舗で修行をするという道もあります。

プロの指導を直接受けることができたり、お客さんに対する接客術や売り上げ管理を学べたりというメリットは大きいでしょう。

一方で、学校のように懇切丁寧に教えてもらえるわけではないので、働きながら技術を身につけるために積極的に勉強する姿勢が欠かせません。

まったくの未経験者がパン職人をめざして就職をする場合、最初から正社員として雇ってもらうのは難しいことが多いようです。

まずはアルバイトとして下働きをしながら信用を築き、徐々にさまざまな仕事を任せてもらえるようになり、実力や勤務態度が認められれば正社員として働けるようになるということもあるので、地道な努力が大切です。

仕事体験談