ボランティアの音楽療法士

ボランティアの需要は大きい

精神疾患に対する音楽療法の効果が認められるようになり、音楽療法士は近年、日本でも注目を集め始めている職業のひとつです。

しかしながら、まだ音楽療法士としての就職先は決して多くなく、高齢者施設などでも、なかなか待遇のよい正社員や常勤での勤務が難しいのが実情です。

しかし、老人ホームなどでボランティアで音楽療法を実践できる人が求められるケースは多々あるようです。

高齢化が進み続けるなかで、ボランティアとして活躍できる音楽療法士の需要は大きくなっており、今後もこの傾向は強まるものと考えられます。

ボランティアの音楽療法士になるには

音楽療法は専門性の高い内容であるため、それを実践するには、たとえボランティアとしてであっても、人間の心身の障害や機能と、音楽のもつはたらきの関連性などに関するきちんとした知識を持っておく必要があります。

専門学校や大学などで音楽療法について学ぶほか、民間のスクールや通信講座などで音楽療法の民間資格取得を目指して勉強してもよいでしょう。

音楽療法士には国家資格がなく、さまざまな方法で音楽療法について学ぶことができます。

音楽療法士のボランティアの募集は、地域住民が自主的に立ち上げるサークルや、NPO法人、病院、老人ホームなどでよく出されています。

インターネットや地域のフリーペーパーなどを使って探してみるとよいでしょう。

ボランティアの活動内容

ボランティアの音楽療法士は、たとえば介護施設でピアノなどの楽器を演奏して入所者を楽しませたり、入所者全員でのコーラスや簡単な楽器演奏する指導をしたりと、さまざまな活動をしています。

また、大きな病院の病棟では、入院患者さんたちが音楽を楽しめるイベントを企画して実践する人もいるようです。

作業療法士や看護師などの医療や福祉系資格を持っていれば、より幅広い知識を生かしながら患者さんや入所者の方々と接することができるでしょう。