音楽療法士への転職

まずは音楽療法について学ぶ

音楽療法士には国家資格がないため、誰でも音楽療法を行うことは可能です。

ただし、その内容は専門性を要するものであり、音楽大学や専門学校等で音楽療法について学んだ人でなければ、音楽療法士の仕事をしていくことは困難です。

音楽療法では人の心の問題に触れていくため、きちんとした知識の下にそれを実践していくことが大切です。

もし、別の職業から転職を考える際も、まずは音楽療法について学ぶことが必要だといえるでしょう。

音楽療法の民間資格取得を目指して

音楽療法士には民間の認定資格があり、その合格を目指して勉強することで、仕事に生かせる基礎知識やスキルを身に付けることができます。

音楽療法士の資格のうち、最も有名なもののひとつが「日本音楽療法学会」が認定する音楽療法士の資格です。

ただし、この資格試験は受験資格を得た人しか受験することができません。

受験資格を得るためには、学会が認定する大学・短大・専門学校で学び、さらに学会が定める条件(日本音楽療法学会正会員であることや、5年以上の臨床経験など)をすべて満たす必要があります。

音楽療法士になるには

こうしたことから、突然、認定音楽療法士の資格を取得したいと思っても難しい場合があります。

医療や介護の仕事をしながら、音楽療法も実践

現在のところ、音楽療法士の資格だけで就職や転職活動をするのは難しく、看護師や作業療法士、臨床心理士など、医療系や福祉系の資格を取得した人が、それぞれの業務と併せて音楽療法を行うケースが大半となっています。

そのため、音楽療法士の資格を取得したとしても、それだけで必ず転職活動がうまくいくとは限りません。

音楽療法士の活躍の場は、病院や高齢者施設、養護施設、学校など、医療・福祉・教育業界を中心に多岐に渡りますが、「音楽療法士」として求人がかけられることはまれだと考えておいたほうがよいでしょう。

また、募集があったとしても、フルタイムで働く正社員や常勤でなく、低時給のアルバイトやボランティアスタッフであるケースも比較的目立つため、注意が必要です。

この先、音楽療法の重要性がさらに認められるようになれば、音楽療法士という職業の地位がもっと確立されていくでしょう。

現状では、まず医療や福祉業界で働くことを第一とし、自分のプラスアルファの武器として音楽療法のスキルを生かせる場を見つけることを考えたほうがよいかもしれません。