音楽療法士の現状と将来性

音楽療法士の現状

近年、職業としての音楽療法士の認知度が徐々に高まっています。

精神科をはじめとする病院や個人経営のクリニック、高齢者施設、学校、あるいはNPO法人など、その活躍の場も多岐にわたっています。

しかしながら、音楽療法士としての求人が行われているケースは、ほとんどないといっても過言ではありません。

これは、音楽療法士の需要がないというわけではなく、日本ではまだ音楽療法に対して専門分野としての地位が確立されていないためです。

音楽療法士には民間資格が存在するものの、いまだ国家資格化はされていません。そ

のため、実際には他の職業に就きながらの兼業であったり、看護師や介護士をはじめとする医療関係や福祉関係の仕事のなかで音楽療法を行うことが一般的となっています。

言い換えれば、音楽療法士の資格がなくても音楽療法に携わることは可能です。

ただし、学校などできちんと学び、正しい音楽療法の知識を身に付けていなければ、音楽療法の対象者に対して、適切な効果を生み出しにくいことも現実です。

日本においては、音楽療法はまだ新しい分野ということもあり、その認知度はあまり高くありません。

しかし、アメリカでは健常者のカウンセリングにも用いられることもあるなど、音楽療法の重要性は徐々に認められつつあります。

音楽療法士の将来性

この先もしばらくは、音楽療法士という職業一本で生計を立てていくことは厳しいかもしれません。

現状は、福祉の現場で介護職として採用され、その中で音楽療法を行ったり、音楽療法士の派遣会社に登録して非常勤で働く人も多いようです。

しかしながら、音楽療法は、おもに不安や悩みを抱える人の心をケアしたり、障害を持つ人の生活の質を向上させることを目的としています。

うつ病、いじめ、自殺といった社会的な問題への関心が高まっている現代社会では、これから音楽療法士の必要性がさらに高まることが予想されます。

今後、音楽療法士の専門職としての社会的認知度が高まっていくにつれ、より良い環境で活躍できる場が、さらに広がっていくのではないでしょうか。