音楽療法士の給料・年収

音楽療法士の給料

音楽を使って患者の心のケアを行う音楽療法士。徐々にその認知度は高まっているようですが、現状、音楽療法士の資格は国家資格化されておらず、この職業を専業として働いている人はほとんどいません。

「音楽療法士」としての求人募集を出す福祉施設や病院などもあまり多くないため、大半の人は看護師や介護士、心理カウンセラー、教員など別の職業に就きながら、必要に応じて音楽療法を実践しているようです。

そのため、音楽療法士の給料は勤務先によってだいぶ異なるのが実情です。精神病院や高齢者施設で生活支援員として働く人も多く、それらの平均でいくと年収で300万円程度となります。

大規模な病院で働く場合は、年収500万円以上を稼ぐ人もいますが、常勤としての仕事が見つからず、非常勤やアルバイトとして安い給料で働いている人もいます。

音楽療法士の待遇

音楽療法士の待遇も、勤務先によって大きく異なります。一般的には、病院や大手の高齢者施設になると待遇が良くなるようです。

各種保険はもちろん、賞与や交通費も支給されるところがほとんどになっています。

音楽療法士は専門知識やスキルを要する仕事ですが、現在のところ、音楽療法士の民間資格を持っていることで手当てがつくようなケースはほとんどありません。

しばらくは厳しい状況が続くかもしれませんが、今後、もし国家資格化されるようなことがあれば、給料や待遇面の向上につながるかもしれません。

音楽療法士として独立できる?

現状、音楽療法士として独立することはかなり困難といえるでしょう。

認知度が低く、音楽療法士でなくても勉強さえすればある程度の音楽療法を行うことができるため、独立して仕事を見つけていくのは大変です。

ただし、医療関係、福祉関係の資格を取って、仕事をするなかで音楽療法士の資格を活かすことは可能です。

たとえば、看護師、社会福祉士、介護福祉士、看護師、精神保健福祉士、臨床心理士などの資格を取得している人が音楽療法の資格を併せて取れば、他の人にはない強みとなるでしょう。

人々の心の病に関する意識がどんどん高くなっている今、私たちにとって身近な音楽を使い、精神的なケアを行うことができる音楽療法には注目が集まっています。

国家資格でないということで「社会的な信用」という面では不安が残りますが、音楽療法の重要性が認められれば、専業でやっていけるだけの仕事も見つけやすくなるものと考えられます。