作業療法士が音楽療法士の資格を取得するには

ステップアップのために音楽療法を学ぶ

福祉や医療の分野で活躍することの多い音楽療法士は、「作業療法士(OT)」といった別の福祉系やリハビリテーション系の専門職とも関わりを持つことがよくあります。

作業療法士の仕事

作業療法士とは異なり、音楽療法士という仕事そのものには現在、国家資格がなく、いくつかの民間資格が存在するのみとなっています。

民間資格の取得は必須ではないため、どのような人でも音楽療法をすることは可能です。

しかし、日本では音楽療法士としての活躍の場はまだまだ広くないため、実際には、作業療法士など他の福祉の専門スキルを持つ人が、プラスアルファで音楽療法を実践することが多くなっているようです。

ここでは、作業療法士が音楽療法士の資格を取得するための方法を紹介していきます。

臨床経験を生かして資格を取得

音楽療法士の民間資格で代表的なものが、「日本音楽療法学会」が認定している音楽療法士の資格です。

この資格の試験を受けるにはいくつかの条件があり、まず専門学校や短大、大学などで学び、修了証を得ている必要があります。

そこに加えてポイントになるのが「臨床経験」の必要性です。

認定音楽療法士になるには、学校を出てから音楽療法に関連する医療、福祉、教育、心理の分野での臨床経験5年以上(音楽を使用した臨床経験2年を含む)を有する必要があります。

さらに、日本音楽療法学会の講習会に参加する必要もありますが、作業療法士としてすでに介護施設などの現場で働いている人であれば、その臨床経験を生かして認定音楽療法士を目指すことができます。

他にも、音楽療法士の民間資格はいくつかの団体が認定しています。

作業療法士はスキルアップのため、スクールに通うなどをしてそれらの資格取得を目指すことがあります。

2つの仕事の関連性

作業療法士は患者さんのリハビリテーションの一環として、手工芸や美術、陶芸などのほか、しばしば楽器演奏やコーラスといった音楽活動の療法を実践することがあります。

身体の機能回復をはじめ、社会性を育てるうえでも音楽は役立つといわれており、とくに精神疾患には音楽療法が有効であることがわかっています。

音楽療法士としての知識やスキルを持っていれば、リハビリテーションを行う際に、患者さんに対してより深いアプローチができる可能性が高まるといえます。