音楽療法士の魅力

さまざまな場で活躍できること

音楽療法は、障害を抱える人や高齢者、幼児、リハビリを受ける人、あるいは健常者まで、あらゆる人を対象とするアプローチです。

医療業界、福祉業界、教育業界といったように、音楽療法士の活躍のフィールドも幅広く、自分の志向によって、さまざまな働き方を模索していける仕事だといえます。

現在は、音楽療法士を専業として働く人はあまり多くありません。

看護師や心理カウンセラー、介護職員などの仕事に就いている人が、身に付けた音楽療法の知識を、患者さんや利用者さんに対するプログラムの一環として取り入れていくケースが大半となっています。

たとえばリハビリや介護を行う場合でも、音楽療法を用いることで、患者さんや利用者さんをまた別の角度からも元気にしていけるのは、音楽療法士ならではの強みです。

音楽が好きな方であれば、「音楽が人を元気にすることができる」ということに大きなやりがいを感じることができるでしょう。

将来性のある職業であること

音楽療法士を取り巻く環境は、年々変化しています。

日本では、音楽療法士という職業の社会的認知度はまだそれほど高くなく、音楽療法士としての就職先を見つけることは難しい状況ですが、高齢化社会が年々進んでいる今、これから音楽療法が必要とされる場面がますます増えていくことが予想されます。

なお、音楽療法を行うためには、専門的な知識やスキルの習得が欠かせません。

今後、音楽療法士が国家資格化され、専門職としての地位が確立されれば、より良い待遇の職場で働けたり、実力に応じて「独立」という道も開けていくかもしれません。

もともとアメリカで発展してきた音楽療法士。日本ではまだまだ未開拓の部分も多いですが、別の見方をすれば、将来性ある職業だという点も、この仕事の魅力のひとつだといえるでしょう。

これから音楽療法士を目指す人は、常に最新の情報を追っていくことをオススメします。