音楽療法の効果・役割

音楽療法の効果

音楽療法とは、音楽を活用することで、心身に何かしらの悩みや不安を抱える人や、発達の遅れなどの理由によって、他人と上手にコミュニケーションがとれない人などのサポートとケアを行うアプローチ方法のことをいいます。

音楽には、ストレスの解放や、精神的な緊張を解きほぐすなどの効果があるとされています。

音楽療法では、この音楽が持つ効果を専門的な観点から分析し、患者さんの状態に合ったプログラムを作り、実践することで、患者さんの状態をより良い方向へと近付けることを目的とします。

なお、音楽療法はあくまで補助的な治療に用いられるもので、病気を治す、けがを治すといった直接的な効果は見込めません。

音楽療法の運動効果

音楽療法では、おもに心の問題を抱える患者さんに対する精神的なケアを目的としていますが、一方で運動効果も期待できます。

たとえば、ふさぎ込みがちでリハビリをしない患者さんが、好きな歌を一緒に歌ったり、太鼓をたたいたりして汗をかくことを通じて、人と積極的にコミュニケーションをとるようになったり、前向きになれるといった事例があります。

クラシック音楽などを聞かせて心身の状態を良くする「受動的音楽療法」に対し、こうした音楽療法の運動効果は「能動的音楽療法」と呼ばれます。

また、歌を歌えば肺活量の増進や記憶力の向上にも役立つとされています。

心身相関と音楽療法

音楽療法を考えるうえで欠かせないものとして、「心身相関」と呼ばれる言葉があります。これは、心の状態と体の状態は密接にかかわりあっているといった意味です。

たとえば、緊張しているときに額に汗をかいたり、体がこわばったりして、思い通りの動きができなくなるといった経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

精神的なプレッシャーが、体の緊張状態を強めているのです。そんなときに、身体がリラックスするような音楽を聞くと、自然と緊張がほぐれる可能性があります。

一時期、「ヒーリング音楽」がブームになりましたが、これも音楽を通じて心をリラックスさせるといった効果があるとされています。

また、夜眠る前にきれいなメロディーのクラシック音楽などを聞くと眠りやすくなることも、心身相関の一部です。

普段、私たちが何気なく耳にする音楽には、人の心身の状態を変え得る力があるのです。