音楽療法士に必要なこと

音楽と心理学の知識

現在のところ、音楽療法士として働くのに絶対に必要な資格はありません。しかしながら、この仕事は専門性を要するものであるため、まず音楽に関する知識は必要です。

また、現場では自らピアノやギターなどを演奏することもあるため、それなりの演奏技術も身に付けておく必要があります。

加えて、音楽療法は悩みや不安などを抱えた人の心に訴えかけ、状態をより良い方向へと導いていくものであるため、心理学に関する知識も求められます。

音楽療法に関する専門知識は、音楽関連の大学・短大・専門学校や、音楽療法士の民間資格を認定する学会の講座などで学ぶことができます。

音楽療法士という職業にいくら興味を持っていたとしても、まったくの未経験者が、いきなり音楽療法士として仕事をするのはほぼ不可能だといえるでしょう。

周囲と協力して物事を進める力

音楽療法士は、病院や高齢者施設、養護施設、学校などさまざまな場所で活躍しています。

患者さんや利用者さんの状態を把握し、適切な音楽療法のプログラムを立てて実行していくためには、医師や看護師、介護士、リハビリを担当するスタッフなどとの連携も必須となります。

そのため、周囲の人と協力して物事を進めていく力や、考えていることを他人に上手に伝えたり、相手の話をきちんと聞き出すことができるコミュニケーション能力も重要です。

人の悩みに寄り添えること

いくら専門知識やスキルを持っていたとしても、音楽療法は人と人との関わりの中で行われるものです。

「困っている人を助けたい!元気にしたい!」という気持ちなくして、音楽療法の効果を最大限に引き出すことはできません。

音楽療法士にとって最も大切なことのひとつは、思いやりと、相手の悩みや不安に寄り添う気持ちです。

自分が頑張ることによって、たくさんの人を前向きにしたり、喜ばせたりすることに喜びを感じられる人であれば、きっと音楽療法士としても活躍し続けていけるでしょう。