副業、兼業の音楽療法士

専業の音楽療法士は少ない

音楽療法は、もともとアメリカで生まれ、発展してきたものです。

日本では、音楽療法の効果や重要性が、近年ようやく認識され始めてきたことや、音楽療法士がまだ国家資格化されていないことなどから、この仕事が職業としてしっかりと確立されているとは言い難い面があります。

こうしたことから、現在の日本において「音楽療法士」を専業にして働く人はさほど多くないのが実情です。

ただし、最近では心の問題や悩みなどを抱える人に対して、積極的に音楽療法を取り入れるケースも増えつつあり、病院や養護施設、高齢者施設、学校など、医療・福祉・教育の現場を中心に実践されています。

そして、これらの場で働く人たちが、看護、介護、理学療法や作業療法等の仕事をする傍ら、必要に応じて音楽療法を取り入れることが一般的となっているようです。

アルバイトやボランティアで活動する人も

先にも述べた通り、現状では音楽療法士としての求人はあまり多くなく、アルバイトやボランティアとして、音楽療法ができる人を募集するケースが目立ちます。

音楽療法は、障害を抱える人や高齢者、あるいは健常者まで、あらゆる人に対して行うことができます。

他の職業に就いている人が、「人の役に立ちたい」という思いを持ち、地域のボランティア活動などで音楽療法を行うことも多いようです。

明確な数字はわかりかねますが、今の段階では副業や、兼業の音楽療法士として働く人のほうが、ずっと多いといえるかもしれません。

資格を武器にして活躍する

現在のところ、音楽療法士に国家資格はありません。しかしながら、音楽療法士の認定資格を取得しておくことで、医療や福祉業界における就職や転職の際のアピールポイントになることがあります。

また、これから音楽療法士の重要性がさらに社会で認識されることで、音楽療法士の資格所持者を積極的に採用する施設が増えていくことも考えられます。

今はまだ、音楽療法士一本で生計を立てていくのは困難だと言わざるを得ませんが、副業や兼業でも音楽療法を極めていくことで、いつか大きく活躍できるチャンスを掴めるかもしれません。