音楽療法士の資格・試験

音楽療法士は民間資格

近年、音楽療法士という職業が知られるようになりましたが、資格に関していえば、現在のところ国家資格は存在せず、民間の認定資格のみとなっています。

音楽療法系の資格はいくつかありますが、その代表的なものが「日本音楽療法学会」が認定する音楽療法士の資格です。試験に合格することで、音楽療法士の資格を得ることができます。

音楽療法士が活躍できる場はたくさんあります。病院や高齢者施設、学校、NPO団体など、医療や福祉あるいは教育の現場まで、さまざまな場で音楽療法士の需要が高まってきています。

この先、さらに注目度が上がっていく可能性がある資格といえるでしょう。

ただし、現状では音楽療法士としての求人はあまり多くなく、看護師や介護士など他の職業に就きながら、必要に応じて音楽療法を取り入れるケースが大半です。

資格があるからといって、必ず音楽療法士として就職ができるとは限りません。

音楽療法士の受験資格

日本音楽療法学会が認定する音楽療法士の受験資格を得るには、日本音楽療法学会が認めた音楽系の大学、専門学校(以下、認定校)を卒業する必要があります。

通信教育とスクーリングをすることで受験資格が取れる認定校もあるようですが、通信教育だけでの受験資格の取得は今のところできません。

認定校に通うこと以外には、学会が主催する講習会を受講し、5年間の臨床経験や単位取得などの特定の条件を満たすことでも、音楽療法士の受験資格を得ることができます。

音楽療法士の資格試験の内容

音楽療法士の資格試験は、書類審査と面接です。通常の資格試験のような筆記テストはありませんが、書類審査時には音楽療法に関するレポートや研究発表を審査されることになります。

面接では、おもに音楽療法士としての適性を持っているかどうかが問われるようです。

また、実技試験も行われており、学会指定の課題曲の中から、キーボードまたはギターを使っての「弾き歌い」を行います。

本試験は、1年に1回開催されています。