音楽家と絶対音感

絶対音感とは?

音楽の世界では、しばしば「絶対音感」という言葉が使われています。

絶対音感とは、ある音を聞いたときに、その音の高さを絶対的に認識することができる能力のことをいいます。

たとえば、ある音や音楽を聞いたときに、その音が必ずドレミ…として聞こえる人のことを、「絶対音感がある」といった風にいいます。

ただし、絶対音感には個人差があり、半音まで含めたさまざまな音、生活音、あるいは話声などまで音階として細かく絶対的に認識できる人もいれば、一部のわかりやすい音しか認識できないといった人もいます。

音楽家はみんな絶対音感がある?

絶対音感は、生まれつき持っている人もまれにいるといわれていますが、基本的には幼少期からピアノなどの楽器を習うことで、自然と身に付くものとなっています。

ただし、それも全員が必ず身に付くというわけではなく、個人差があります。

また、絶対音感を身に付けられるのは6歳程度までとされており、日々音楽と深く接している音楽家のなかにも、絶対音感を持たないという人も珍しくはないようです。

絶対音感がなければ、プロの音楽家になれないということは決してありません。

とくにクラシックの場合は、楽譜を読みながら演奏することが多いため、楽譜をきちんと読むことさえできれば、絶対音感がなくて不便だと感じることはないとされています。

なお、絶対音感の相対にあるものは「相対音感」といわれます。相対音感を持つ場合は、2つの音を聞き比べてどちらの音が高い、低い、といったことを判断し、そこから各音を認識することになります。

音楽家として演奏するうえでは、絶対音感があるかどうかよりもむしろ、ある音を与えられた場合に、直ちに他の特定の音を出すことができたり、移調(別の調に移すこと)して演奏ができる相対音感のほうが必要とされることもあるようです。