音楽家に必要なこと

音楽を愛し、自分に厳しくいられること

音楽家として有名になるまでには、相当な努力が必要です。幼い頃から厳しいレッスンを受け、毎日何時間も練習を続ける…そんな生活を長年送っている音楽家の卵たちは大勢います。

まず、自分自身が心から音楽を好きになれなければ、こういった厳しさはとても乗り越えられないでしょう。

ある一定の年齢に達したら、師匠などから「練習しなさい」と強制されることはあまりないかもしれません。

しかし、練習をサボってしまえば、その結果はすべて自分に跳ね返ってきます。

遊びたい気持ち、休みたい気持ちを抑えて、毎日少しでも練習をする。そうした我慢強さやストイックさが、音楽家には求められてきます。

困難に負けない強い心

どれだけ「音楽家になりたい!」と思っていても、望むように成功できる人は多くありません。どれだけ努力しても師匠に認めてもらえなかったり、コンクールに入賞できなかったり…といった経験を持つ音楽家はたくさんいます。

音楽家と聞くと、一見、穏やかで物静かなタイプの人をイメージするかもしれませんが、実際にはライバルも多く、実力で評価される世界であるため、心の弱い人にはあまり向いていない仕事ともいえます。

簡単に成功できるわけでないからこそ、芯がしっかりとしており、簡単に折れることのない心の強さを持っていなければ、厳しい環境で生き抜いていくのは難しいでしょう。

本番で舞い上がらないための冷静さ

音楽家は、大勢の聴衆の前で演奏する機会が多くあります。そんなとき大切なのは、どれだけ普段通りの自分を出せるかということです。

プレッシャーに弱い人は、頭が真っ白な状態になってしまうことがありますが、どれだけ練習を重ねてきても、音楽家は「本番」という一瞬に全力を出せなければ評価はされません。

冷静さは経験や自信とともに身に付いていくことでもありますが、どんな環境に置かれたとしても、クールな自分でいられるように自分自身で意識していくことも大切です。