音楽プロデューサーのやりがい

納得のいく楽曲が完成した時

1つの曲をゼロから作り上げるのが音楽プロデューサーのメインの仕事です。担当するアーティストに合った楽曲を求め、作詞家・作曲家などの制作クリエイターを選定し、制作を依頼します。

場合によっては歌詞や曲の修正を繰り返し、次はレコーディングです。

レコーディングスタッフやサポートミュージシャンの人選を行い、レコーディング当日はスタジオに缶詰めの状態が何日も続くこともあります。

こうして苦労を重ねて納得の1曲が完成した時が、音楽プロデューサーにとってこの上ないやりがいを感じる瞬間だといえるでしょう。

自分が発掘したアーティストがスターになる

音楽プロデューサーはスターの卵を発掘するため、膨大な数のデモテープを聴いたり、巷で噂になっているグループのライブを見にたくさんのライブ会場へ足を運ぶなど、日々に努力を重ねています。

その中でキラリと光る魅力を感じたアーティストを実際にサポートし、プロデュースを行うわけですが、売り出し方によって人気も左右されるため、どのような戦略を立てるかが非常に重要です。

プランナー、ディレクター、広告代理店の担当者などと打ち合わせを繰り返し、いかにしてそのアーティストを盛り上げていくかを決定します。

イメージづくり、楽曲の方向性、衣装、舞台演出、広告宣伝の仕方など、決定するべき事項はもりだくさん。

こうしてようやく1人のアーティストがデビューできるわけです。デビュー後もファンや観客の反応を見ながら路線変更を繰り返すこともあります。

アーティスト本人の才能と売り出し戦略が合致し、多くのファンを獲得することができれば、やっとスターの誕生となります。

しかし、スターになれるアーティストはほんの一握りであり、泣かず飛ばずで辞めてしまう人やほどほどの人気のままヒット曲まで漕ぎ付くことができない人も大勢いるのが現実です。

自分が発掘したアーティストがたくさんのファンに支持されたり、ミリオンヒットを飛ばしてスターになるのを見守ることは、音楽プロデューサーにとって何よりの幸せです。