音楽プロデューサーの仕事内容

音楽制作全般を指揮する総合的な責任者

音楽制作を取り仕切る司令塔のようなイメージのある音楽プロデューサー。

一般的にはCDなどの音源からライブや映画で使われる音楽に至るまで、音楽制作全般を指揮する総合的な責任者を指す職種名です。

広い意味では音源制作に特化した責任者をはじめ、アーティストの発掘や育成を担当する「A&R(Artist and Repertoire)」、企画・制作などを担当するマーケティング責任者なども音楽プロデューサーと呼ばれることがあります。

アーティストのコンセプトや売り出し方を決定

総合的な制作責任者としての音楽プロデューサーの仕事で大きな比重を占めるのが、アーティストのイメージづけや音楽の方向性、宣伝活動の手段といった、コンセプトや売り出し方を決定することです。

アーティスト本人の意向をくんだ上で、所属するプロダクションの担当者や広告代理店のプロデューサーなどと協議を行い、次の活動の仕方などをつめていきます。

サウンド制作、レコーディング

決定された売り出し方に基づいて、次回に制作する楽曲の方向性を決め、それに適した作詞家、作曲家、アレンジャーなどの音楽クリエイターを選びます。

楽曲が完成すると、今度は完成した楽曲に合ったレコーディング・エンジニアやスタジオミュージシャンなどを決め、最適なスタジオを選んで、いざレコーディングに臨むことになります。

プロモーション関連業務

楽曲制作とは別に、プロモーション関連でも幅広い業務が発生します。

CDなどのジャケットデザインや写真撮影、プロモーションビデオの撮影や制作、メディアの取材、ライブの企画や舞台制作などの煩雑な仕事が、楽曲制作と同時進行で進むわけです。

大勢のスタッフのスケジュール調整や進行管理にも気を配りながら、臨機応変に対応することが求められます。

予算管理

アーティスト本人はもちろん、楽曲制作にかかわるミュージシャンや制作スタッフなどの報酬をはじめ、スタジオやライブ会場の使用料や外注費など、予算の管理を行うことも音楽プロデューサーの重要な仕事です。