音楽プロデューサーに向いている人、適性

音楽センスがある

音楽プロデューサーは単に自分が演奏する場合と異なり、「音楽を聴くのが好き」「楽器が弾ける」といったレベルではとうてい務まるものではありません。

なるためには音楽業界での長い下積みが必要で、多くの人は新卒でレコード会社に入社し、アシスタントディレクターなどの職種からキャリアアップを目指します。

音楽プロデューサーに必要不可欠な膨大な音楽に関する知識や技術は、こうした長年の下積み経験の中で徐々に培われていくものだといえるでしょう。

下積み経験として、まずはアシスタントディレクターとして活躍することが求められますが、その際に必要なのは音楽センスと音楽への情熱。

これらを持っている人なら、音楽プロデューサーを目指して下積みを始めるための素質は持っているといえるでしょう。

責任感がある

アーティストや楽曲制作について、総合的に責任を負う立場であるのが音楽プロデューサーです。

そもそもの素質として、何事にも責任感を持って取り組める人であることが条件のひとつに挙げられます。

人とコミュニケーションを取るのが得意

音楽業界の熾烈な競争の中で生き残っている人たちは、それぞれ自分の仕事に対して強いこだわりを持っています。

こうしたアーティストや制作スタッフたちと円満に仕事を進めるには、コミュニケーション力の高さが必要不可欠だといえるでしょう。

新しいことに敏感

世界の音楽動向を知り、時代のニーズに応えてこそヒット曲は生まれるもの。

常に周りにアンテナを向け、面白いものや感動することをどんどん自分の中に取り入れようとする姿勢が大切です。

新しいことに敏感な人は観察眼も優れ、相手の隠れた魅力を見つけ出すこともできるでしょう。

こうした人は将来のスター候補を見出すことにも長けているはずです。

アイディアマン

ひらめきや直感、そして企画力は音楽プロデューサーに欠かせない素質です。

イベントの企画などを考えるのが得意な人には特に向いている職種だといえるでしょう。