音楽プロデューサーのつらいこと、大変なこと、苦労

音楽プロデューサーという地位に行き着くまでの苦労

将来的に音楽プロデューサーを目指す人はまず、もっと下の地位で数年間の下積みをしなければなりません。

レコード会社や音楽出版社へアシスタントディレクターとして、もしくはアーティストが所属するプロダクションへマネージャーや営業職として就職することが、音楽業界を担う一員となるためのスタートラインになります。

しかし、こうした職種は人気があり、就職する際の競争率は非常に高いものです。

大手企業の場合は有名4年制大学を出ているか、有名大学でないなら学生時代にすでに何らかの実績があるなどの強みがなければ到底就職は叶いません。

学校選び、受験の時からすでに勝負が始まっているといえるでしょう。

めでたく就職が決まってもそこから厳しい下積み期間が始まり、中には挫折したり路線変更を余儀なくされる人も大勢います。

数年間の下積みの果てに、人並み外れたスキルと才能、音楽センスを手に入れた人だけがキャリアアップし、晴れて音楽プロデューサーになれるのです。

ヒット曲を生み出すまでの苦労

レコーディングは「カンヅメ」状態

音楽プロデューサーがレコーディングに参加する度合いは、担当するアーティストや楽曲へのかかわり方によって異なります。

音楽制作をほかのクリエイターやエンジニアに任せている音楽プロデューサーの場合はレコーディングスタジオに顔を出す程度ということも。

しかし、自身が編曲を行う音楽プロデューサーの場合はアーティストと一緒にレコーディングスタジオに缶詰め状態になることはもちろん、アーティストよりも一番長い時間そこで作業に勤しむことになります。

研鑽とプレッシャーの日々

音楽を何もないゼロから作り上げ、そのすべての責任を負うのが音楽プロデューサー。日々に研鑽を積み、常に新しい情報を仕入れなければなりません。

また自社内だけでなく、広告代理店やプロダクションからも多大な期待が寄せられるため、個性とキャラクターが重要なアーティストに比べ、さまざまな方面からプレッシャーを感じ続けているのが音楽プロデューサーです。

まさに「生みの苦しみ」を毎日感じながら仕事をしている立場だといえるでしょう。