音楽プロデューサーの種類

エグゼクティブプロデューサー

それほど規模が大きくないレーベルの場合、「音楽プロデューサー」というとその仕事は多岐にわたるものですが、大手レコード会社などではそのスキルにより、細かく分担されていることがよくあります。

エグゼクティブプロデューサーは、音楽プロデューサーの中の頂点に立つレーベル全体の総括責任者です。

予算や人事にもかかわるため、部長職のような役割だと考えていいでしょう。

A&Rプロデューサー

「A&R」とは「Artist and Repertoire」の略で、アーティストの発掘や契約から育成、制作、宣伝に至るまでトータルで担当するプロデューサーです。

レコードやCDなどの音楽プロダクツ(商品)の企画制作の指揮を主に受け持ち、楽曲を発掘したり、スタジオミュージシャンや制作スタッフのコーディネートなどを行います。

音楽センスよりも交渉術や商品開発、マーケティングの知識が必要とされるため、営業や広告宣伝などの部門で実績を積んだ人が任命されることが多いようです。

サウンドプロデューサー

グラミー賞の定義で「音楽プロデューサー」とされているのは実際に録音の指揮を執る責任者であり、細分化された日本のレコード会社ではサウンドプロデューサーやレコードプロデューサーと呼ばれる人を指します。

楽曲やアルバムごとに音楽制作をとりまとめる立場で、自身がミュージシャンや作曲家、アレンジャーとして活躍している人だけができる職種です。

ミュージシャンや作曲家などの仕事でヒットを出し、実力が認められてサウンドプロデューサーになるパターンが多く、アーティストから指名を受けて任されることも多々あります。

アーティストプロデューサー

アーティストが所属するプロダクション側の責任者を指してアーティストプロデューサーといいます。

楽曲制作はレコード会社の音楽プロデューサーに任せ、それ以外のマネージメントの範疇でアーティストの育成を行い、企画戦略を決定する責任者です。