音楽プロデューサーへの転身、求人、募集の状況

音楽プロデューサーの求人状況

音楽プロデューサーはエグゼクティブ職であるため、求人の件数自体が大変少ないものになっています。

募集の条件としては、「専門学校卒以上」、「ディレクターまたはプロデューサーの実務経験者」が挙げられることが多く、フットワークの軽さを求めるため、「要普通自動車免許」を必須条件とする企業もあります。

自社で音楽プロデューサーに昇進する

音楽プロデューサーを目指す人はます、レコード会社や音楽出版社、アーティストを抱える芸能プロダクションなどにアシスタントディレクターとして入社するというのがほとんどのパターンです。

そこから順調にいけば、ディレクターを経て音楽プロデューサーへの昇格が可能になります。

ひとつの会社に腰をすえ、コツコツと長年の下積みや勉強をこなし、経験と実力を着実に身に付けることが音楽プロデューサーへの近道だといえるでしょう。

その中で音楽センスや企画力、営業力、リーダーシップなどといった音楽プロデューサーに必要不可欠なスキルを身に付けた人だけが、夢を叶えることができるのです。

転職を機に音楽プロデューサーになれる人とは

これまでほかの職種で働いてきた人が、他社へ転職するタイミングで音楽プロデューサーにキャリアアップすることは大変難しいでしょう。

これが可能であるケースは、自身がアーティストやミュージシャンであったり、人気作家として活躍していたりといった、すでに音楽業界において高い知名度を得ている人に限られます。

また、ごくまれに、大手レコード会社などでディレクターとして働いていた人がそれよりも規模の小さな会社にスカウトされ、転職を機に音楽プロデューサーに昇進するパターンがあります。

これはすでに音楽プロデューサーとして通用する実力をつけている一部の優秀なディレクターだけが経験することだといえるでしょう。

一方、すでに音楽プロデューサーとして活躍している人が、ヘッドハンティングのような形で他社に転職したり、独立やフリーランスに転身することはよく見られるパターンです。