音楽プロデューサーの勤務先、働き方

音楽プロデューサーの雇用形態と勤務先

音楽プロデューサーは経歴によって雇用形態が異なる職種です。

正社員の場合はレコード会社や音楽出版社、芸能プロダクションに就職し、AD、ディレクターを経て音楽プロデューサーに昇格する人がほとんど。

かつてアーティストやミュージシャンとして活躍していた人の場合、フリーランスや自身の会社を起こして音楽プロデューサーに転身する人もいます。

社員の場合は勤務時間内は会社に出社、フリーランスの場合は自宅勤務が基本です。

しかし、どちらの場合も打ち合わせで関係各社へ出向いたり、アーティストとともにレコーディングスタジオ、ライブ会場などへ出向いたりと、さまざまな場所を飛び回ることが多いようです。

音楽プロデューサーの仕事の獲得の仕方

アーティスト側からの依頼

プロダクションなどのアーティスト側から特定の音楽プロデューサーにCD制作の依頼をすることはよくあります。

自身が作詞・作曲を手がけるシンガーソングライターや有名アーティストに多い仕事の仕方です。

レコード会社や音楽出版社からの依頼

レコード会社や音楽出版社が主導権を握って企画を立て、その企画に合ったアーティストやミュージシャンなどをキャスティングすることがあります。

その際は自社に正社員として勤める音楽プロデューサーを使ったり、外注先である音楽制作会社に依頼したり、フリーランスの有名音楽プロデューサーを起用したりと、さまざまなパターンで人選を行います。

スポンサー企業や広告代理店からの依頼

テレビCMや映画、ドラマなどの企画からテーマソングの楽曲制作に至る場合、スポンサー企業の意向や広告代理店のプロモーション戦略からアーティストや音楽プロデューサーが選ばれることがあります。

音楽プロデューサーが主導権を握るケース

人気のある音楽プロデューサーに限られる仕事ぶりですが、アイドルグループなどを大々的にプロデュースし、企画から人材発掘、音楽制作、プロモーション戦略まですべてを取り仕切るケースもあります。