入国審査官のやりがい

国の経済発展、治安の維持を支える重要な仕事

入国審査官は、外国人が日本へ出入国、在留できるかを審査、認定するという非常に大きな権限をもつ業務を担います。

多くの人の出入国をスムーズに行うことで経済発展や文化交流を促進することは必要ですが、その反面テロリストや不法滞在など犯罪のリスクも増えます。

入国審査官は、日本が望まない外国人の出入国を冷静、客観的に見極めて犯罪などを未然に防ぐ、防波堤のような役割を担っています。

日本を守るという大きな責任を感じながらできる仕事です。

語学力を活かせる国際業務

入国審査官の業務は、日々多くの外国人と接する国際業務です。

空港などの審査ブースで滞在目的を質問したり、入国管理局では在留者に対して目的を質問するなど、業務上英語力や他言語を活用できる機会は多々あります。

語学力を活かしたい、国際業務につきたいという人には魅力的な環境でしょう。

また、当初から実践的な語学力がなくとも、努力次第でスキルアップできる研修制度が充実しているので安心です。

日本にいながらにして、多くの外国人とのコミュニケーションを通じて国際感覚を磨くことができます。

また、日本に訪問したり滞在する外国人をサポートすることにやりがいを感じる人もいます。

専門知識が生かせる

入国審査官の業務を行うにあたっては、入国管理法や難民認定法という法律をベースに対応することが必要になります。

また法律だけでなく、外国の文化や経済の事情、過去の事例や経験などのノウハウを活用しながら、在留の違反審査や難民認定を行います。

勤務年数やレベルに応じた研修や実践を通してそれらの高度な専門知識を得ることができるでしょう。

男女の差がなく活躍できる

入国審査官の職場では、男性・女性の差関係なく役割が与えられ、幅広い経験や知識を得る機会があります。

入国審査官における女性の割合は多いといわれ、また国家公務員における女性の登用、活躍は今後もますます増えるという国の計画もあることから、女性でも働きやすい職場環境が期待できます。

時に有名な外国人に会えることも

入国審査官は、毎日多くの外国人に接する機会があります。時には通常会うことのできないような有名な外国人に会えるといった嬉しい出来事もあるようです。