入国審査官の仕事内容

入国審査官とは

グローバル化が進む現代においては、海外へ出国する日本人や、日本に訪れる外国人の数は増々増えています。

人の流動が活発になると、法律を遵守しない悪質な犯罪者や不法滞在者などもまた出入国するリスクが高まります。

そういった中、安全で安心して生活できる国に維持、促進するためには、空港や港といった玄関口でしっかりと人々の出入国を管理、審査することがとても重要となります。

入国審査官は、国家公務員としてそれらの外国人の出入国や日本人の出帰国を管理、審査することを主な業務としています。

入国審査官の主な業務

入国審査官は、主に3つの業務を担います。

1.出入国審査

外国人が日本へ入国する際には、他国へ入国するのと同様にパスポートやビザが必要になります。

海外旅行をした経験のある人は、出入国の際に審査ブースを通り、チェックを受けたことを覚えている人も多いでしょう。

入国審査官は、それらの出入国審査を行います。

出入国審査では、パスポートやビザをチェックし、何を目的にいつまで滞在するのかということを確認します。問題がなければ入国を許可し、何らかの問題があれば拒否します。

また、海外旅行に出かけた日本人の出国、帰国についても同様に確認、審査します。

2.違反審査

外国人が日本に入国した後に、その入国が不法であった場合や、許可された滞在期間を超えて不法に滞在していることなどが発覚した場合には、入国警備官などにより身柄を拘束されます。

入国審査官は、入国警備官から外国人の引き渡しを受けて、それらの違反について確認します。違反が認められる場合には、強制的に日本から退去させるかどうかなどを審査します。

入国警備員の仕事

3.在留資格審査

日本に滞在している外国人の中には、入国時に定められた在留期間を延長したいというケースや、活動目的を変更して在留したいというケースがみられます。

在留資格審査では、それらの期間延長や在留目的の変更の申請が出された場合に、日本社会として利益があるか、安全性が守られるかどうか、また入国管理法と照らし合わせるなどして審査を行います。

在留審査業務許可件数の割合

平成24年の在留審査業務の許可件数の割合をみてみると、「再入国」が27.0%、「在留期間更新」40.8%、「在留資格変更」12.4%、「資格外活動」14.7%となっています。

在留審査業務許可件数の割合_25