入国審査官の勤務時間、休日

出先機関でのシフト勤務体制

入国審査官の勤務地は、主に地方にある入国管理局や空港や港にある出張所、入国管理センターになりますが、配属された職場によって勤務体制が異なる場合があります。

たとえば、空港等の出入国審査関係業務を担当する場合には、勤務地によっては航空機の発着に応じて24時間体制で審査を行うケースもあるため、シフト勤務体制がとられています。

入国審査官は国家公務員であり、その勤務時間は1日7時間45分が定時間と定められていますが、シフト勤務の場合には、1週間あたりで38時間45分と定められています。

入国審査官の残業

公務員だから定時で帰宅できるのかなと思うかもしれませんが、入国審査官の場合、残業のあるなしは勤務地や時期によって異なっています。

近年のグローバル化の中で、日本を観光立国として推進していくという国の計画もあることから、いかに入国審査を的確に、スピーディーに行うかということが課題として挙げられています。

そうした中、出入国者数の多い空港が勤務地である場合や、年末年始やお盆休みといった出入国者の増加する繁忙期には、日常的に残業が必要となり多忙を極める場合もあります。

今後も出入国者数は増加が見込まれていることから、入国審査の自動化システムや民間業者との連携などを取り入れながら、効率的に業務を進めるような取り組みが積極的に行われています。

休日は4週間に8日

休日は、週休2日制度となっています。一方で、シフト勤務体制をとっている職場の場合は、必ずしも土日祝日が休日となるわけではなく、4週間につき週休日が8日と定められています。

また、年次休暇は20日、特別休暇としての夏季休暇3日、結婚休暇5日等の各種休暇は他の公務員同様に取得することができ、福利厚生制度も充実しています。

入国審査官の場合も出産、育児休暇の制度は整っているため、女性の場合でも安心して仕事を続けられる環境といえます。

また、国として女性の国家公務員の活用を目標とされていることからも、今後もより働きやすい環境づくりが進められていくことでしょう。