入国審査官は激務?

出入国者の増加に伴い業務も多忙

入国審査官は、日本を訪れる外国人や、日本に帰国する日本人などの出入国業務を行っています。

そのため、年末年始やお盆休みといた長期休暇により、人の出入国が増加する時期はそれに伴い非常に忙しくなり、残業が日常化する傾向にあります。

一方で、観光立国を掲げ、国として入国審査をよりスピーディにするために、入国審査官の増員や、外国人の情報をまとめる専門部署の設置などが計画されています。

今後はより入国審査業務の効率化が期待できるでしょう。

空港などでのシフト勤務

多くの入国審査官が勤務する空港などでは、航空機の発着に伴い審査業務が必要となるため、シフト勤務体制がとられています。

24時間体制がとられている空港などでは夜勤もあるため、やはり通常の日勤体制と比較するとしっかりとした体調管理が必要となります。

一方で、シフト勤務は入国審査官に限られることではなく、航空管制官や検疫官といった航空関連の仕事に就く場合は避けられないものです。

勤務地によっては不規則な生活となってしまうことを覚悟しておかなければなりません。

高度な専門スキルが必要

入国審査官は、水際で国の治安を守るという責任の大きな役割を担うため、業務には高度なスキルが必要とされます。

たとえば、入国管理法や難民認定法といった法律の知識、英語やその他外国語に関する語学力や国際センスなどをベースとして、違法な出入国や滞在を見極める冷静で客観的な目が必要となります。

もちろん研修や実践を通してそれらの専門スキルを磨くことができますが、外国人の人生を左右してしまうこともあるので、判断に大きなプレッシャーを感じることもあるでしょう。

ストレスの多い国際業務

入国審査官は、日々の業務の中で多くの外国人と接する機会があります。

外国人の中には、言葉が通じない場合や、文化や経済事情などバックグラウンドが大きく異なることから理解ができない、ストレスだと感じるような場合も多々あるはずです。

そうした状況の中でも、自分の感情は極力排除し、法律に従って、冷静、客観的に審査する対応力が必要となります。