入国審査官の英語力

業務上英語の習得は必要

入国審査官は、業務上多くの外国人と関わりコミュニケーションをとる必要があります。

たとえば、入国審査において、入国期間や目的を質問して入国を許可するかどうか審査しますが、外国人とコミュニケーションをとり、審査業務を円滑に行うにあたっては、やはりある程度の語学力は必要となるでしょう。

また、違反審査などにおいても不法入国や不法滞在かどうかなどを審査するにあたっては、在留外国人とコミュニケーションをとりながら、客観的に判断、対処する必要があります。

英語ともう1言語目指す人も

入国審査官が使用する言語としては、やはり国際標準である英語が基本となります。

一方で、英語だけでなく、中国語やスペイン語など、もう一つ別の外国語の習得を目指している人も多いようです。

英語ができることは必須のことでありますが、もう一つできる言語があると大きな武器になります。

言語だけでなく文化や情勢知識も必要

外国人とコミュニケーションをとり、不法滞在や犯罪を未然に防ぐために冷静かつ客観的に審査するためには、言語だけでは理解しきれないというケースも多いでしょう。

そのため、言語だけでなく、外国の文化や社会情勢についての知識をもつことが、より的確な審査を行う上では必要となります。

日頃からニュースをチェックすることはもちろんのこと、宗教の知識などもあるとよいでしょう。

充実した語学研修

入国審査官の新規採用者に対しては、決して最初から即戦力としての語学力が求められているわけではないようです。

採用当初には語学力に不安のある人でも、その後の語学研修などが充実しているため、フォローすることは十分可能です。

採用後すぐに開かれる研修では、英語や中国語、韓国語を学ぶことができます。

また、配属先での勤務後でも、語学学校への委託研修や、勤務終了後に語学学校へ通学できる在勤地研修などの制度があるため、継続的に語学力をアップできる機会はあります。

とはいえ、働き出してから勉強するのは大変ですので、できれば学生のうちに語学力を底上げしておきたいものです。

高度な国際コミュニケーション力の育成も

法務省では、より高度な国際感覚を養うために、希望と適性に応じて、職員を外務省に出向させ、在外公館勤務を経験させる制度をとっています。

語学の習得だけでなく、実際の現地の生活に触れることは、より深い国際理解につながる経験となるでしょう。