入国警備官に向いている人、適性

強い心と体を持っている

入国警備官の仕事には、体力も気力も必要不可欠です。違反者を見つけてもすぐに取り調べに応じるとは限らず、凶器を持って暴れ出す可能性もあります。

そんな時には、入国警備官自らが体を張って対応しなければなりません。できるだけ安全に業務を遂行することは大切ですが、怖いからといって逃げるわけにはいきません。

また、日によっては早朝から深夜まで長時間業務を続けなければならないこともあるため、体が強いに越したことはありません。体力と気力は訓練を重ねながら身につけていくこともできますが、自分から強くなろうとする努力も大切です。

責任感・使命感が強い

入国警備官は法律の違反者を取り締まるのが仕事ですから、責任感や使命感なくして業務をこなすことはできません。約束はきちんと守れる、悪いものを見過ごせない、などといった気持ちを持てる人が適しています。

また、入国警備官の活躍が日本の平和や安全を守ることにも繋がるため、社会貢献の気持ちが強い人にも向いているといえます。

外国語が得意

業務では外国人を相手にするため、語学力は存分に活かすことができます。英語はもちろん、中国語や韓国語、スペイン語なども役立ちます。

現役の入国警備官たちも、休みの日などを使って積極的に語学の勉強をしているそうです。外国語を一つの武器にできると、携われる業務の幅も広がってくるので、早い段階からできるだけ語学力を身につけておくとよいでしょう。

社会問題に興味がある

入管法違反の外国人は、大抵何かしらの事情を抱えています。たとえば母国の就労環境が悪いため日本でお金を稼ごうとしていたり、より良い生活環境を求めて不法在留し続けようとする人もいます。

世界のさまざまな国の人と接するため、国際情勢や社会問題に興味があり、自分から学ぼうと思える人が向いています。