入国警備官の志望動機

語学力を活かしたい

入国警備官は日々外国人と接するため、語学力をそのまま業務に活かすことができます。

英語はもちろんですが、外国人の中には英語の話せない人もいるため、中国語やスペイン語…その他どのような外国語が得意であっても役立つ時があるはずです。

語学が得意なだけでは入港警備官の仕事は務まりませんが、一つの必須スキルとして重視されるポイントであることは確かです。現場でも、特定の言語を話す外国人と接する時は、その言語に堪能な入国警備官が応対することがよくあるといわれています。

国際的な問題に興味がある

日本で不法就労や不法滞在をする外国人は後を絶ちませんが、その背景には国際的な問題が絡んでいることがあります。また国によって社会情勢は大きく異なるため、仕事を進める上でそれらの正確な知識を身につけることは大切です。

ただ単純に悪い者を取り締まりたいという気持ちだけでなく、世界の動きや国際問題に興味がある人が入国警備官を目指しています。

公安職への憧れ

入国警備官は、警察官と同様の「公安職」です。公務員の中でもより専門的な職務に携わり、時には危険も伴う仕事であるため、プレッシャーは相当なものです。

ですが、「世のため、人のため」と考える正義感の強い人にとっては、世の秩序や平和を守る公安職に対して大きな魅力を感じられるでしょう。

そんな憧れの気持ちが、入国警備官を目指すきっかけになっているという人も多くいます。厳しいことも多い仕事なだけに、情熱を持ち続けることはとても大切です。