入国警備官の活躍の場

活躍の場はさまざま

海外から入国する外国人を管理するために、各国それぞれの法律に基づいた入国管理体制が敷かれています。日本の場合、入国管理体制のトップにある組織が「法務省 入国管理局」です。

入国管理局の下には「地方入国管理局」が置かれ、新人の入国警備官をはじめ、多くの入国警備官はそこで働いています。

そのほか、外国船の入港が多い港や国際空港の近くに置かれた地方入国管理局の「支局」や「出張所」、また、事情によりすぐに送還できない違反者を収容する「入国管理センター」に勤める人もいます。

地方入国管理局の各部門

入国警備官の代表的な職場である地方入国管理局は、いくつもの部門から成り立っています。入管法に違反した外国人を扱うのは第二庁舎で、入国警備官はその「警備部門」に配属されます。

警備部門の内部も企画管理部門、調査第一~第三部門、処遇部門、執行部門と複数の部門に分かれており、違反調査や摘発、収容、そして送還と、各入国警備官がそれぞれ分担して業務に当たっています。

人事異動について

入国警備官の業務や活躍の場は幅広いため、数年単位で各部門や職場を異動しながら経験を積んでいきます。活躍の場は全国に広がるため、転勤を伴う異動となる可能性もあります。

また、幅広い視野や国際感覚を身につけるため、外務省など他省庁との人事交流が活発に行われているほか、キャリアを積むことで同じ法務省に所属する「入国審査官」と併任になる可能性もあります。