入国警備官の1日

仕事は分業で行われる

入国警備官の業務は「違反調査」「摘発」「収容」「送還」の4つに分けることができますが、1人の警備官が一度に全ての業務に関わるわけではありません。違反調査担当なら違反調査、摘発担当なら摘発…と、各人がこれらの業務を分業して携わっています。

そのため、どんな1日になるかは自分が担当する業務や職場によっても異なります。ただし、ひとつ大きな違いといえるのは、「1日7時間45分勤務」もしくは「交代制勤務」の2パターンがある点です。

1日7時間45分勤務の場合

1日7時間45分勤務を行う場合は、一般の会社員と同様に朝から夕方ごろまでの勤務となります。

違反調査ひとつとっても、メールや電話などで寄せられた情報をまとめるなどデスクワーク中心で行うこともあれば、自分の足で情報を集めるため、1日外を出歩くこともあります。

有力な情報が寄せられれば時間を問わず動きますし、摘発業務では違反者の動きを見ながらあえて早朝や深夜を狙うこともあります。

基本的には、案件に応じて5~6人程度の班を作り、班ごとに行動します。

また、遠方での摘発が予定される際は、前日から現地へ出向くこともあります。勤務時間は決まっていても、現実は不規則な生活になりがちです。

送還に関わる業務に携わる場合は2人1組で動くのが基本ですが、案件が多い場合には1人で百人以上の外国人を担当しなければならないこともあります。なお、入国管理局などには仮眠室があり、泊まり込みをすることもあります。

交代制勤務の場合

収容施設で警備をする場合は、平日・休日問わず24時間体制を敷かなければならないため、交替制勤務となります。交代制勤務には「昼間勤務」と「昼夜間勤務」の2種類があります。

1日の勤務時間が長くなるため隔日勤務となり、勤務日の翌日は非番となります。深夜勤務や土日の勤務もあります。