納棺は葬儀屋の仕事?

納棺に特別な資格はいらない

映画『おくりびと』のヒットにより、急激に認知度の上がった納棺師という職業ですが、実はこれといった資格は必要ありません。

一般的な納棺であれば葬儀会社の担当者が行うのが通常であり、場合によっては遺族が行うことも珍しくありません。

つまり葬儀で納棺を行うのは必ずしも専門家である必要はないということです。

ただし、この場合の納棺は火葬のために遺体をそのままお棺に入れるだけであることがほとんどです。

小規模の葬儀会社の場合はこういった文字通りの納棺にしか対応していないこともあります。

湯灌や着替え、メイクなどといったことを含めた納棺を行うにはやはり専門的な技能を持った納棺師の手が必要になってきます。

納棺専門の部署がある葬儀会社も

大手の葬儀会社の場合、自社内に納棺専門の部署を持っており、社員として納棺師が所属していること場合があります。

葬儀におけるあらゆる業務を全て自社で賄うことができるということになるため、葬儀を行う側にとっては費用を比較的安価に抑えることができるというメリットがあります。

働く納棺師にとっても葬儀の数に関わらず安定した給与を得ることができると考えていいでしょう。

ただし、葬儀会社で働く納棺師は、場合によっては他の業務を担当する可能性があることを理解しておく必要があります。

納棺は専門業者が請け負うことが多い

納棺や湯灌は葬儀の流れの中でも特殊な技能を必要とするため、専門業として独立していることが多いといえます。

したがって、ほとんどの葬儀は全体を葬儀会社が担当し、納棺や湯灌は専門業者が請け負うといった形になります。読経を僧侶が担当するのと同じ原理です。

専門業者は納棺や湯灌に関して独自のメニュー設定をしているため、コストはかかりますが細かな要望に応じてくれるというメリットがあります。

葬儀社によっては業者ではなく個人の納棺師に業務委託している場合もあるようです。

いずれにしても葬儀会社に葬儀の依頼をした場合、納棺師の手配は会社側が行うため、遺族からすると請負かどうかということをあまり意識することはないでしょう。