納棺師の学校

特別な学歴は不要

納棺師になるために必要な学歴はありません。

ただし、葬儀という厳粛な場でとるべき所作や言動等がとれなければならないということを考慮すると、高校卒業程度の学力があるに越したことはありません。

中小規模の葬儀会社の中には新卒採用をせず、中途採用に重点を置いているところも多くあります。

これも前述のように社会人としての常識を持っていることを重視していることの表れであると考えてよいでしょう。

入社後の研修が学びの場

納棺作業は高度な専門技術を必要とします。そのため、どの会社も独自の研修を設けて知識や技術の指導をします。

研修中に行われる試験を突破できなければ現場に出ることはできません。研修の内容や裁量は各社異なりますが、大変厳しいものであることが一般的です。

学歴や資格が不要である分、入社後に多くの学びの場が設けられていると覚えておきましょう。

専門学校で学ぶという方法も

わずかではありますが葬儀関係の知識・技術を習得できる専門学校があるため、そのような教育機関で学ぶという方法もあります。

費用や時間の面でデメリットを感じる人もいるかもしれませんが、職種の特性上、就職前に葬儀に関する十分な理解を得てから自身の適性と向き合うことは大きな利点であるといえるでしょう。

また、専門学校は就職先とのパイプが豊富にあります。

基本的な知識や技術を習得済みである専門学校の学生は採用側としても即戦力に近い形で考えている場合がほとんどです。そのため、一般には出回らない求人が専門学校に集まってきます。

在学中の努力次第で条件の良い会社に就職できるチャンスを得ることができますので、これも進学するメリットの一つです。

専門学校では葬儀全般を学ぶことになる

専門学校における葬儀関係の学科では葬祭業全般に必要な知識や技術を学ぶことになります。その中の一つに納棺や湯灌の実習が含まれています。

葬祭業の基礎知識を始め、関連する法律やビジネスマナー、遺族の心理面をサポートするグリーフケアの授業など、葬祭業に関連するさまざまな知識の習得や花祭壇の施工や司会実務など葬儀のあらゆる場面に対応できるようなカリキュラムが組まれています。

実際、納棺師を志して葬儀会社に就職した場合でも多岐にわたる関連業務を担当することも少なくないため、自身のキャリア形成を考えても少し視野を広げて納棺師という職業をとらえることも必要かもしれません。

納棺師コースの設置がある専門学校

2013年に全国的にも珍しい納棺師コースが設置されている専門学校が発足しました。

東京都中央区にあるおくりびとアカデミーの納棺師コースは納棺師になるための基礎的な知識と技術の習得を目指す学科です。

所作、宗教、衣装、メイク、遺体処置など、様々なシチュエーションに対応できる人材を育成する当該学科では6ヶ月間の学習で独自の認定資格が付与され就職活動のサポートが受けられます。

湯灌やメイクなど前述の入社後研修で学ぶ事項を先取りして学ぶことで即戦力として活躍できることが期待できるでしょう。