農家の嫁の仕事

従来の農家の嫁

農家の後継者の方と結婚するか、または農家出身ではなくてもご主人が就農すれば、奥さまも必然的に農家になることが多いかと思われます。

農家の奥さまは子育てをしながら家事もこなしたうえで農作業を行うなど、朝から晩まで忙しいことでしょう。

ご主人あるいはご自身のご両親など親族と同居していればなおさら大家族になりますから、給食なみの料理をしたり洗濯機はまわしっぱなしだったり、家事だけでも座るひまもない生活かもしれません。

従来の農家の嫁は、上記のように非常に大変であるというイメージが強かったのではないでしょうか。

新たな農家の嫁

ところが農家出身の女性自身が後継者となって経営を向上させたという事例など、女性ならではの発想で利益をあげる農家が増えているという話もあるのです。

たとえば生産だけでなく加工や販売、流通まで含めて経営する農家の売上が伸びているといわれています。

この場合、実際に買い物や料理や家計を担当したり、日々の生活のなかで食育について自然と考えたりしている女性のほうが消費者の目線にたちやすく、有効な企画を考えることができるのかもしれません。

重労働をともなう農作業はなかなかできなくても、経理面で経費を節約したり、商品化のアイデアを練ったり、販売先や流通ルートを拡大したりなど営農計画にたずさわるという農家の奥さまならではの新たな仕事もあるといえるでしょう。

農業簿記について

農業法人の従業員ではなく独立した自営農家ならば毎年必ず確定申告をする必要があり、経理を担当するのは奥さまの場合が多いかと考えられます。

農家ならではの「勘定科目」を覚えて、農業経営の「貸借対照表」や「損益計算書」を作成するなど、しっかり「農業簿記」を身につけることによって農業を事業としてとらえて成果をあげることもできるでしょう。

こうした農業簿記に関する講座や検定、コンピュータ上で管理できるソフトなどもありますので、そうした勉強をすることも必要です。

また農家同士はもちろん関連するほかの分野の方々とのネットワークづくりも農家の奥さまの大切な仕事かと思われますので、農林水産省や「輝く農女新聞」などのサイトで新たな農業情報を調べてみるのもいいでしょう。

取引先やお客さまはもちろん、親族や家族などと一緒にいる時間も長く、仕事と子育てを両立しながら人間関係において深い絆を築くことができるのは農家の奥さまの醍醐味といえるかもしれません。

仕事体験談