農家に向いている人、適性

コツコツ何かを育てるのが好きな人

農家は、地道な作業をコツコツと積み重ねながら、ひとつの農作物を育て上げるのが仕事です。

農家になるためには、やはり「何かをコツコツ育て上げるのが好き」ということが大切でしょう。

昔から植物を育てるのが好きだったとか、動物の世話をするのが好きだったという経験があれば、ピッタリです。

一つひとつのプロセスを大切にしながら生き物を丁寧に育てていける人が、農家の仕事には向いているといえます。

自然に囲まれて生活したい人

農家は、自然とともに生活をする喜びを感じることができる職業です。

暑さや寒さはもちろんのこと、雨の量や雲の流れ、花や虫の変化など、農業を通して毎日自然の移り変わりを感じることができます。

アウトドアが好き、草や土の匂いがするところで働きたい、朝日や夕日を毎日見ていたい…というように自然のなかで過ごすことにあこがれがある人にとっては、屋外で仕事ができるというのは何よりも嬉しいことでしょう。

実際に、都会でのサラリーマン生活を辞めて田舎での農家に転職する人の多くが「自然のなかで生活してみたい」という動機をもっているそうです。

自然が好きな人にとっては、農家は理想の職業の一つなのです。

判断力や経営力がある人

農家は、個人事業主としてそれぞれの世帯で開業していることが多く、自分の畑や田んぼのことは自分ですべて決めなければいけません。

一般的なサラリーマンのように上司の指示に従うというのではなく、あくまでも自分自身で今後の栽培方針や販売方針について判断しなければいけないのです。

どんな肥料を使うのか、農薬はどれぐらい使うのか、どの品種を育てるのか、いつ頃収穫するのか、どこに販売するのか、決めなければいけないことは無限にあります。

その決定次第で農作物の出来や売上高が大きく変わることが、農家の大変なところでもあり面白いところでもあります。

自分で計画を立てたり判断したりするのが得意な人は、その能力を存分に発揮できる職業です。

仕事体験談