農家をはじめるための資金・費用

勤務形態や経営規模による初期費用の違い

農家として仕事をはじめるときにかかる費用は、「自営就農」なのか「雇用就農」なのかといった勤務形態、あるいは「個別経営」なのか「組織経営」なのかといった経営規模によって大きな違いがあります。

ほとんど初期費用がかからないと考えられるのは雇用就農です。

逆にたくさんの資金が必要だと思われるのは個別経営の自営就農や法人経営の新規参入で、農地や機械、設備、住居などの投資代、種苗や肥料などの営農資金、利益を得るまでの生活費などをあらかじめ用意する必要があるでしょう。

育てる品目や農地による初期費用の違い

では実際に個別経営の自営就農者が準備すべき初期費用はどれぐらいかといいますと、育てる品目や農地によっても大きな違いがあります。

つまり

・水田作
・畑作
・露地野菜作
・施設野菜作
・露地花き作
・施設花き作
・果樹作

といった種類ごとに必要なものは異なります。

農地の場所や規模あるいは買うのか借りるのかによってもかかる費用に幅がでてくるのです。

おおまかな目安としては公益財団法人「いしかわ農業総合支援機構」によりますと、

・新規就農者が農業をはじめる際に必要な機械、設備費:約655万円
・営農資金:約220万円

合わせて全国平均約875万円だそうです。

また熊本県新規就農相談センターによりますと、

・水田作で使う機械のトラクター(新品):180〜350万円
・田植機:70〜200万円
・コンバイン:200〜400万円
・乾燥機:100〜200万円
・管理機:20〜40万円

で合計約570〜1,190万円、そのほか防除機、揚水機、もみすり機、播種機、育苗箱、育苗ハウスなども必要とのことです。

施設野菜作で使う設備は

・10アール(約1反)あたりのハウス類:1,170〜1,300万円
・潅水施設:150万円
・暖房施設:100〜200万円
・換気排気施設100万円

で合計約1,520〜1,750万円、そのほか自動制御装置も必要だそうです。

ですが、機械や設備を中古品やリースにしたり、離農した農家からセットで買ったり借りたりすれば低く抑えられます。

設備費800〜1,200万円のほか利益を得るまで3年間の生活費400万円を合わせると、農家をはじめるために必要な資金は約1,200〜1,600万円といえるでしょう。

現実的には地域によってもさまざまな状況が考えられますので、就農計画や営農計画について既存の農家の方々や地域の農業普及指導センターなどに相談したほうがより具体的にわかります。

そのほか農林水産省や地方農政局、各都道府県、農協などの公式サイトにも就農の流れや支援制度などの情報が詳しく書かれています。

いま資金がないからといって早々にあきらめる必要はありません。さまざまな支援制度がありますので、農家をはじめたい方は上記のサイトなどをいろいろと調べてみることをおすすめします。

仕事体験談