農家のアルバイト

さまざまな形のアルバイト

「農業をしてみたいけど、実践経験がないので不安」「農業に興味があるので短期間だけ手伝ってみたい」という人たちに人気なのが、農家でのアルバイトです。

時給や日給で雇われることが多く、期間は数日だけのものから一年単位のものまでさまざまです。

農業は、一年を通して「土づくりをする時期」「苗植えをする時期」「栽培をする時期」「収穫をする時期」とさまざまな過程がありますが、とくに忙しくなるのは収穫の時期です。

野菜や果物は熟してしまう前に、花は開いてしまう前に出荷しなければ、商品になりません。

旬のものとして高い値段で売れる時期を逃さないようにするためには、集中的に収穫して一気に出荷することが大切なのです。

このため、「収穫の時期だけでも人手が欲しい」とアルバイトを募集する農家も多いのです。基本的に時給は700円〜程度と、それほど高くはありませんが、農業を体験するという貴重な時間を過ごすことができます。

新規就農する前に、アルバイトで体験を

農家は家族総出で作業しているところが多いので、「妻が出産するので人手が足りない」「高齢の母が働けなくなって人手が足りない」などの理由で一時的なピンチヒッターの募集をすることもあるようです。

この場合、自宅で住み込みで働かせてもらえたり、食事がついていたりすることもあり、より深く農家の生活に入り込むことができます。

最近では「スローライフ」や「スローフード」「ロハス」という価値観の浸透とともに、若い人のなかにも田舎暮らしや農業に興味を持つ人が増え始めてきました。

しかし、農業はとても根気のいる作業の連続なので、まったく経験がない人がいきなり就業しようとするのは、大きなリスクが伴います。

新規就農を考えている人は、まずはアルバイトとして入って農業の現場を体験してみるのもよいでしょう。

仕事体験談