農家の1日

太陽に合わせて働く生活

農家の仕事は屋外での作業が中心になることが多いため、日照時間に合わせた労働スタイルをとるのが基本です。朝早くから起きてきて日が昇る時間には作業を始め、日が沈む夕方頃には作業を終えるようにしています。

一日の流れを「稲作農家」を例に見てみると、以下のようになります。

5:00      起床
5:30〜     農作業スタート
8:00〜9:00  朝食休憩
9:00〜12:00  農作業(収穫)
12:00〜13:00  昼食休憩(昼寝をすることも)
13:00〜15:30  農作業(出荷の準備)
15:30〜16:00  小休憩(お茶・おやつなど)
16:00〜18:00  農作業を終了
18:30〜     夕食

時期によって作業はさまざま

一日の作業の内容は、時期によって大きく異なります。

土づくりをする時期であれば畑や田んぼに肥料をまきますし、植えつけの時期には苗を植えます。収穫の時期には一日中収穫をして出荷の準備をします。

農作物の種類によっては、一年中通して出荷できるものもあれば、短期間で一気に収穫して出荷してしまわなければ売り物にならないようなものもあります。

母の日のためのカーネーションやクリスマス用のポインセチアのようなイベントのための植物がひとつの例です。

こういった季節ものの農作物を扱っている農家は、収穫の時期は非常に忙しく、朝から晩まで出荷作業に追われることになります。

こまめな休憩で疲労回復を!

農作業は屋外での作業が多いぶん疲労も大きく、とくに暑い夏場や寒い冬場はとても大変な作業になります。こまめに休憩を取って食事や水分補給をしながら働くことが大切です。

早朝から働いて朝食休憩を取り、午前中働いて昼食休憩を取り、午後働いておやつ休憩を取り、夕方まで働いたらようやく作業終了です。

家族規模で働いている農家の場合は、自宅が田んぼや畑のすぐ近くにあり、休憩のたびに自宅に戻るということも珍しくありません。

仕事体験談