庭師に向いている人・適性

体力がある

庭師はいろいろな知識や技術が求められる仕事ではありますが、一番大切なものは「体力」です。

夏は炎天下、冬は寒い中で作業を行います。雨の日も風の日も、天候に負けず、作業しなくてはなりません。

また、重い物を持つ力も必要です。岩や枝を運ぶ作業は日常茶飯事。耐えられる肉体を持つ人が、庭師として働けます。

もちろん最初から、筋力や体力を備えていなくても、入職後につけることは可能です。

当面は「つらくてもがんばれる根性」の方が重要となるでしょう。

自然に関心がある

庭師は常に自然と向き合う仕事です。いくら、きれいな木を植えても、その場所の自然に適応していなければ、良さは活かされませんし、すぐに枯れてしまいます。

「自然」とひとことで言っても、季節や天候、風向き、日当たり、土の状態、草木の特徴、虫や動物についてなど、表す範囲は実に幅広いもの。樹木についても知り尽くしていないといけません。

これらについての知識を貪欲に吸収するためには、自然に関心がなければ難しいでしょう。

向上心がある人

庭師に求められるスキルはさまざまです。専門的な知識や能力だけでなく、美しい庭を造るための美的センスも求められます。

このような「センス」は、生まれ持っている才能とはいえません。いろいろな庭を見たり、造園の本を読んだりして、だんだんと磨かれていくのです。

また、自分の時間を使って、資格を取得したり、実技の練習をしたりすることも、一人前の庭師になるためには必要なことです。

常に向上心を持ち、学習や経験を積み重ねていける人が、庭師に向いているといえるでしょう。