庭師と植木屋の違い

周辺環境も庭師におまかせ

庭師とは、古くは園丁(えんてい)などとも呼ばれた「庭を造る」職人のことを指します。

庭石、樹木や池、水路から芝などを含めて、庭を一つの造形空間として設計施工、製作することを生業にしているのが庭師です。加えて、庭木の生育を管理し、定期的に剪定するなどの管理も行います。

これに対して、植木屋とは庭木の剪定を限定して行う職人を指します。庭師が庭木も含めた庭園全体の管理、設計、施工を総合的に請け負うことに比べると、植木屋の扱う案件の範囲はあまり広くありません。

したがって、庭師は植木屋を兼ねているという見方もできます。

もちろん、植木屋は植物に関する深い知識と高い技術を持っているため、庭木に関することに限定した相談であれば滞りなく応じることができます。

しかし、庭木を含めた周辺環境に関する相談をしたいのであれば庭師に依頼すると、庭木の剪定とその他の業務を複合的に行ってくれるのです。

広範囲にわたる知識が必要

庭師は業務の特性上、植物に関する知識以外に、設計や建築に関する知識も学ばなければなりません。

たとえば、庭園の設計には和風と洋風の両様式に対する深い理解や使用する石材等に関する知識が必要です。加えて施工のための図面を作成する技術も求められます。

このように、庭師は造園に関連する広範囲にわたる知識が求められます。その範囲が広ければ広いほど、扱える案件が増え、自身の強みにつながるのです。

仕事の範囲は無限大

庭師の業務以外にも、必要な資格を取得し、道具を揃えれば、さらに仕事の幅を広げることも可能です。

たとえば、家屋等を解体することができる資格を取得すれば、新たな依頼を得ることが可能になります。

庭園の周辺環境を請け負えるという強みをより確かなものにするべく、気持ち次第でいくらでも業務を拡大することができるという点は植木屋との大きな違いであるといえるでしょう。

現場監督を担うことも多い

庭師の仕事が多岐に渡る以上、その道の専門家とタッグを組んで依頼に当たることも少なくありません。

たとえば、外構の施工などは庭師自ら請け負うことも多いですが、場合によっては専門の職人に依頼することもあります。

庭木の剪定の規模が大きい依頼の場合、植木屋に声をかけて人手を増やしたりもします。

このように異業種の職人が複数で一つの案件を扱う場合、庭師が現場の指揮を執ることになります。

前述のように「庭を造る」ことのできる職人である庭師は他の職人と一線を画して全体を見渡せる立場を任されるというわけです。