アルバイトの庭師

アルバイトは大事な戦力

とくに中小規模の造園業者にとってアルバイトの存在は大きな助けになります。

たとえば、普段は一人で仕事をしている庭師が大きめの案件を依頼された場合、どうしても工期が長くなってしまいます。

その結果、請け負える案件の数が減り、収入が減少してしまうため、工期の長期化は庭師にとって大きなマイナスにつながるのです。

このような事態を回避するために、人手不足の造園業者は臨時のアルバイトを募集して窮地を凌ぎます。

たとえ未経験者が応募してきたとしても、清掃や運搬など、補助要員としてまかせられる仕事はたくさんあるため、庭師の業界ではアルバイトは貴重な人材です。

求人数は比較的豊富

中小規模の造園業者は慢性的に人手不足という問題を抱えています。したがって、庭師のアルバイト求人数は比較的多めであると考えてよいでしょう。

人手不足をアルバイトで補うことは依頼される案件の規模がまちまちである業者側にとっても都合がよいのです。

一度アルバイトを経験した人には、人手不足の際に業者の側から声をかけることもあります。

このような人脈は後々正式に庭師になった際に助けになることも大いにありえるため、大切にしておいた方がよいでしょう。

また、タイミングが良ければそのままその業者に正規雇用をされる場合もあるようです。

学生可の求人も多い

庭師のアルバイト求人を見てみると、「学生可」としているところが多いことに気づくはずです。中には高校生を受け入れている業者もあります。

庭師を志願する学生は一度アルバイトを経験しておくのもおすすめです。アルバイトを通して、プロの仕事に触れることは庭師を志願する上で確実にプラスになります。

また、部分的であったとしても、庭師の仕事の過酷さを見ておくことで、実際に庭師になるための覚悟を持つことができます。

また、就職活動の際にアルバイト経験をアピールポイントの一つにすることも可能です。