庭師の1日

一日の流れ

庭師の仕事は屋外で行われるものがほとんどです。そのため、工期が限られている場合を除いては、太陽が出ている間が作業時間ということになります。

タイムラインに沿って一日の流れを見てみましょう。

7:20 出勤

ミーティングに間に合うように出勤。事務所の清掃や道具の準備などは見習いが率先して行います。

個人の庭師の場合はミーティングの必要がないため、直行直帰が基本です。

7:30 ミーティング 道具の確認

当日の作業内容を確認し、職人同士で情報を共有します。安全対策に関してはとくに念入りに打ち合わせます。

終了後は移動車に必要な道具が積み込まれているか、確認し、現場へ。

8:15 現場到着

依頼主と当日の作業内容、終了時刻等の打ち合わせをし、必要があれば近隣にも挨拶をします。

現場が遠い場合は、これより前の時程を早め、作業時間をしっかり確保。

8:30 作業開始

依頼主の了解が取れ次第、作業を開始します。

高木の剪定等は午前中の明るいうちから取り掛かかり、大きな音が出やすい作業はお昼前後で素早く終わらせます。

12:00 昼食休憩

持参したお弁当を食べたり、現場近くの飲食に交代で出かけ、気分転換することも。

昼食後は仮眠をとって体力を回復させます。

13:00 作業再開

日の沈む前に予定の作業を終えられるように調整しながら作業を進めます。

その際、薄暗くなってもできるような作業は後回しに。

17:00 作業終了 片付け

予定の時間には作業を終え、依頼主に挨拶をし、帰社の準備をします。

17:40 その日出たゴミの処理

現場をきれいに清掃し、出たゴミなどは全て事務所に持ち帰ります。

翌日以降も作業が継続する場合は最終日にまとめて処理することもあります。

18:00 会社到着

持ち帰ったゴミは所定の場所に置き、道具類も車から一旦全て降ろします。

18:10 翌日の道具準備 はさみの手入れ

その日使った道具の手入れをし、翌日の準備もできるかぎりしておきます。

18:40 ミーティング

その日の作業の報告と翌日の確認を行います。

怪我やクレームなどのトラブルがあった場合は、すぐに連絡するのはもちろんのこと、ミーティングでも再度報告し、対策を講じて、再発の防止に努めます。

19:00 退社

帰宅後は翌日に備えて十分に休息をとります。

天候の影響を受けやすい業種

庭師の仕事は太陽が出ている時しかできません。日照時間を有効に作業時間に充てるため、現場の場所によっては早朝に出発し、帰社が深夜になってしまうこともあります。

また、雨や雪などの場合は作業を予定していた日であっても、一日休みにせざるをえません。その分、請け負える仕事の数が減ってしまうため、収入が減少してしまいます。

梅雨や台風の時期や、積雪の多い地域は、その影響が収入にもろに響いてしまうのです。

内容によっては日をまたぐことも

庭師の扱う案件は他の建築関係の業種に比べて比較的工期が短めであることが特徴です。多くの案件は一日で終わることが多いですが、規模によっては日をまたぐこともあります。

その場合、現場に直行直帰となることが多いようです。

作業中に出たゴミの処理までが庭師の仕事に含まれるため、清掃も大切な業務の一つです。

ただし、作業が二日以上に及ぶ場合は工期が終わるまで荷物やゴミ等をそのまま現場に置いたままにさせてもらうこともあります。

近隣への連絡は前日までに

作業中は使用機械から大きな音が出たり、敷地外に落葉等の影響が出たりすることもあるため、近隣への作業内容の周知徹底は必ず行います。

これを怠ると、思わぬトラブルにつながることもあり、依頼主にも損害を与えてしまいかねません。

そのため、作業前日までの間で、現場に足を運び、近隣住民に挨拶する時間を確保する必要があります。

挨拶の際は口頭だけでなく、必要事項と連絡先を明記した文書を用意します。文書で周知を図ることは後々のトラブル回避に有効です。

集合住宅や企業等で作業を行う場合は関係各所に許可をとって文書を掲示させてもらうようにします。