日本語教師のスクールで学ぶこと(日本語教師養成420時間コース)

日本語教師の420時間コースとは

日本国内には数多くの日本語教師の養成機関があります。文化庁が日本語教師を養成するためのモデルシラバスを出しており、それに基づいて養成校がカリキュラムを編成しています。

どこのスクールで受講しても、受講後に何か公的な資格が出る訳ではありませんが、日本語教師養成講座420時間コースを修了したという証明をもらうことができます。そして、そのコースを修了していることが、採用の条件になっていることが多いのです。

日本語教師になるには

スクールには、夜間コースや平日コース、週末コース、短期2、3ヶ月間集中の全日コースなどがあり、各人のライフスタイルに合わせてスクールを選択できます。

受講期間は、集中コース以外は、大抵6カ月から1年半ぐらいはかかります。入学時期は、年に4回ぐらいが多いようです。また、受講費用は総額50万円から60万円ぐらいはかかります。

安いところでは、15万円ぐらいのところもあるようです。学習形態では、巨大校になると、バラエティな受講コース、WEB講座が開講され、自宅から学習することも可能です。

スクールで学ぶこと

日本語教師を目指すためにどこのスクールに通うか、養成講座の数が多い分、選択肢も多いので、十分な検討が必要です。

スクールでの学習は、文化庁のシラバスに基づいているとはいえ、各スクールには特徴があります。実習時間が豊富な学校や、海外実習を取り入れているところ、直接法と間接法を同時に学べるところなど、学校によって、どこに力を入れているか異なるのです。

それでも、カリキュラムの基本となっているところはどこの学校も変わりません。2000年3月(平成12年3月)に、文化庁の報告による「日本語教員養成において必要とされる教育内容」を基礎として、養成講座の編成が行われているのが現状です。

その内容は「社会・文化・地域」「言語と社会」「言語と心理」「言語と教育」「言語」の区分に大きく分け、文法体系や音韻体系、教材開発、教育学、心理学、社会学など、幅広い科目があります。

仕事体験談