日本語教師の給料・待遇

国内で働く日本語教師の給料

日本語教師の給料や待遇は、雇用先や雇用形態などにより大きな違いがあります。

日本語教師は働き始めてからしばらくは非常勤として働き、キャリアを積んで常勤へとステップアップする人が多くを占めています。

非常勤として働く場合は、たいてい1週間で担当するコマ数によって収入が決まってきます。

学校やスクールが夏休みや春休みに入ると、収入が大幅に減少してしまうことがあります。

常勤になることができれば月収は20万円前後となり、非常勤の場合は1コマあたり1,800円から2,000円ぐらいの報酬が相場となっているようです。

授業のための準備に時間がかかることも

非常勤はフルタイムで働くことが難しく、「午前のみ」か「午後のみ」授業を持つことが多く、さらに週2、3日の出勤というのがよくあるケースです。

担当するコマ数にもよりますが、年収にして150万~300万円くらいになる人が多いようです。

日本語教師は、配布するプリント準備やテスト採点など授業以外の準備に時間がかかるため、労働時間に対して給与が見合っていないという声もあります。

常勤講師は少ない

日本語学校のほとんどが非常勤教師を雇っており、常勤教師のポストは少ないのが現状です。

それでも、収入にあまりこだわりを持たない人や経済的な問題がない人には、週に2、3日ほどの仕事は働きやすいかもしれません。

ただし、非常勤は雇用保険や有給休暇などの待遇面が整っていないことがあるため、不安定な生活を送ることになる可能性があります。

ちなみに、大学の留学センターの常勤や日本語教育の研究者になると、給料や待遇面は格段に恵まれています。

大学の非常勤講師の場合、1コマ(90分)では1万円程度は得られるようです。

海外で働く日本語教師

日本語教師の海外での求人は、圧倒的にアジア圏の貧困・低所得の国からのものです。

こうした国では、まだまだ日本語学習者も多く、ネイティブの日本語教師の価値は高くなっています。

「日本人」というだけで、現地ではすぐに採用が決まることもあります。

ただし給与や待遇面は、国や勤務先によってさまざまです。

現地の国の所得水準並み、またはそれよりも少しよいぐらいのところが多いといわれています。

待遇面では、住居を提供または紹介してもらえるくらいで、そこまで恵まれた生活は期待しにくいのが実情のようです。

現地の物価は安く、贅沢さえしなければ現地の給料で生活は可能ですが、途上国となると医療・衛生面やインフラは整っておらず、日本のような快適な暮らしは望めません。

語学のプロとして働くために

国内外で働く日本語教師の給料や待遇面は、よほどの日本語の専門家か、公的な教育機関で働く常勤でなければ「とても良い」とはいえません。

日本語の需要は世界的に縮小化しており、日本語教師として働く難しさがあるのが現状です。

しかし、日本語教師は語学を教えるプロの職業です。

他の語学の専門家の職業としては翻訳や通訳などがありますが、こうした仕事をしている人たちのなかには、専門性を高めて高収入を得ている人がいます。

たとえば、医療専門の通訳や産業翻訳家などが挙げられますが、「語学のプロ」として身を立てていくには、それ相当の努力が必要です。

日本語教師も、日々勉強を続けて自身の専門性を一段高くすることで、将来的に労働条件の改善が望める場合があります。

仕事体験談