オンラインでの日本語教師

オンラインでの日本語教師とは

日本語教師はおもに日本語学校やスクールに勤務し、そこに集まった生徒たちに日本語を指導していきますが、なかには「オンライン」という形を活用しながら日本語教師として働いている人もいます。

オンラインでの日本語教師は、パソコンやインターネット、ヘッドセットなどを使い、パソコンの画面の向こう側にいる生徒に日本語を教えていきます。

教室で指導するのとは異なり、インターネットさえつながれば、世界中どこにいる生徒に対しても日本語を教えることが可能です。

オンラインではマンツーマンレッスンが主流となっており、教師は個々のレベルに応じたレッスンを提供します。

オンラインでの日本語教師として働くには

オンラインの日本語教師の求人は、オンライン日本語教育サービスを提供する語学学校やスクールのホームページを中心に掲載されています。

採用条件は、国内の一般的な日本語教師と同じく、「日本語教師養成講座420時間修了者」「日本語教育能力検定試験合格者」「大学で日本語教育を主専攻または副専攻履修者」のいずれかを満たす人となる場合がほとんどです。

また、オンラインで教える場合は、生徒が日常的に使う言語(英語など)を使って日本語を教える「間接法」での指導が中心となるため、日本語以外にも英語をはじめとする外国語の能力も問われます。

また、パソコンやウェブカメラ、ヘッドセットなどの授業で使うインフラを整える必要があります。

どんな人が生徒になるのか

オンラインで日本語を教わりたいという人はたくさんいます。

たとえば外国から日本に来た留学生、日本への留学を希望する外国人、日本企業に就職をした外国人、海外の現地校に通う日系の子どもたちなどです。

とくにアジア圏での需要が大きくなっていますが、アメリカやヨーロッパでの需要もあります。

オンラインであれば時間や場所の制限を受けにくく、個々の生徒のさまざまなニーズに対応しやすいというメリットがあります。

普段は教室での指導を行いながら、空いた時間を使ってオンラインでの日本語教師をしている人もたくさんいるようです。

仕事体験談