日本語教師の海外資格

国際基準となる資格はない

日本語教師は海外で働くこともできる職業ですが、残念ながら、現在の日本には国際基準となる日本語教師の資格はありません。

そのため、資格がなくても仕事をすることは可能ですが、現実的には「日本語を教えられる実力がある」ということを証明できない限り、採用されない可能性が非常に高いようです。

国内の日本語学校ではたいてい、日本語教師の採用条件として、以下の3つのうちいずれかが求められます。

1. 日本語教師養成420時間講座を修了する
2. 日本語教育能力検定試験に合格する
3. 大学または大学院で日本語教育を主/副専攻する

このうち、中国や台湾、ベトナムなどアジア圏の国で働きたい場合にも、上記のいずれかが採用条件になることが多いようです。

アジア圏は日本語学習者が多く、民間の語学学校も多くあるため、日本語教師の需要は最も大きいとされています。

日本国内で働くことを目指すのと同じ条件を満たしていれば、アジア圏での仕事を見つけることは可能でしょう。

欧米圏で働くのは難しい

欧米圏の場合、日本語教師はおもに日本語を学習する公立や私立の小・中・高校で活躍しているといわれます。

そこで教師として働くとなると、現地の大学で教職課程を履修し、教員免許やそれに準じる資格を取得する必要があるなど、アジア圏で働く場合よりもハードルは高めとなってきます。

それに加えて、日本と同様に日本語教師養成講座を修了していると優遇されることがあるといわれます。

四年制大学卒業は必須に

海外では日本語教師としての資格のほか、学歴として「四年制大学卒」であることが採用条件になっている求人も多いようです。

それというのも、海外で働く場合には就労ビザが必要になり、その取得のためには四年制大学卒の学歴が必要になるからです。

また、現地の大学で教えるとなれば、大学院へ進んで修士や博士の学位を持つことも求められてきます。