日本語教師石坂 友絵さん

1987年生まれ。群馬県出身。國學院大学文学部在学中、日本語教育能力検定試験に合格、東京中央日本語学院「日本語教師養成講座420時間コース」を修了。卒業後は同校で非常勤講師として勤め、2012年8月より専任講師に昇任。

HP:東京中央日本語学院

現在のお仕事内容について教えてください。

「東京中央日本語学院」という民間の日本語学校で、外国人に日本語を教えて4年目になります。

また、当校では日本語教師を目指す方向けの養成講座も開講しており、そちらの講義も一部担当しています。

どんなきっかけで、日本語教師を目指そうと思ったのですか?

高校に入ったばかりの頃までは、現代文も古文もすごく苦手だったんです。でも、高校3年生の時に出会った先生の教え方がとても上手で、少しずつ国語が好きになって。「将来は先生になりたいな」と考えるようになりました。

でも、その時はまだ自分が「国語」と「日本語」のどちらを教えたいのか決めきれていなかったので、国語教育と日本語教育の両方を学べる大学に進学しました。

では、大学で勉強する間に進路が固まったのでしょうか。

はい。最初は国語教師になるための教職課程も取っていましたが、日本語の文法や音声学などについて専門的に勉強するうちに、自分が好きなのは「日本語」だとわかってきたんです。

日本文化にも興味がありましたから、「外国人に日本の良さを伝えたい」と思って、日本語教師になる道を選びました。

日本語教師になるのに資格は必要ですか?

photo2

基本的には次の3つのうち、いずれかを満たしていることが求められます。

1つは、民間の学校が開講している「日本語教師養成講座」で420時間のカリキュラムを修了すること。次に、日本国際教育支援協会の「日本語教育能力検定試験」に合格すること。そして最後に、大学や大学院の日本語教育科目を履修することです。

就職先となる日本語学校では、この3つのうちどれかをクリアしていることが求められるケースが大半です。

私は日本語教育が主専攻ではありませんでしたが、副専攻として日本語教育の科目を履修していましたし、大学3年の時には日本語教育能力検定試験にも合格しました。

でも、大学ではほとんど理論しか勉強していなかったので、将来「教える」ということを考えると、実技面の不安が大きかったんです。そこで、大学4年生になって周りが就職活動に励んでいる間、私は日本語教師養成講座に通って半年間勉強しました。

大学を卒業したのち、こちらの学校に就職したのですか?

はい。養成講座修了生の一人として、こちらの学校に採用していただくことができました。

当初は非常勤講師でしたので、自分の担当授業がある時だけ、週に2~3日くらいの出勤でしたが、クラス担任を受け持つようになってからは、ほぼ毎日出勤していました。2年半ほど経った頃に専任講師となって、現在もフルタイムで働いています。

専任講師と非常勤講師の違いを教えてください。

あくまで当校の場合ですが、専任になると授業だけではなく、学校運営に関する業務にも携わるようになります。非常勤の時は、自分が受け持つ授業の準備やクラスの管理だけでよかったので、仕事量はだいぶ増えました。

待遇や給与面も違いがあります。授業を受け持った分だけお給料が出る非常勤に対し、専任になると月給として決まった額がいただけるので、専任のほうが安定しているといえると思います。

仕事体験談