日本語教師になるための費用

日本語教師になるための方法は、大きく以下の3通りが挙げられます。

1.大学教育において日本語教育を主選考あるいは副専攻し、卒業する
2.420時間以上の日本語教員養成講座を修了する
3.日本語教育能力検定試験に合格する

ここでは、それぞれの場合における費用を見ていきたいと思います。

大学で日本語教育を専攻する場合

大学に進学し、そこで日本語教育を学ぶ道を選ぶ場合には、大学4年間の学費がかかります。

学校によって学費は異なりますが、私立大学であれば卒業まで学費は400万円程度とされています。

そのほか、海外研修に行く場合などは別途費用がかかってくるでしょう。

大学では、日本語教育学以外にも語学や一般教養など幅広い分野について学べるのが魅力ですが、先に挙げた3通りのうち、日本語教師になるためにかかるお金は最も高額になります。

日本語教師養成講座を受講する場合

日本語教師養成講座は、おもに民間のスクールが講座を開講しています。

スクールも各社で学費が異なるものの、だいたい55万円前後のところが多いようです。

ただし、こうしたスクールは早期申込割引など期間限定の割引サービスを展開することもよくあり、そうしたものをうまく利用すれば、もっと安く受講することが可能です。

また、教育訓練給付金制度の対象者であれば、最大10万円が戻ってきます。

なお、一部の養成講座では一度受けた授業を再度受講する場合や、授業の振替をする場合などに別途料金が発生するため、事前に確認しておくとよいでしょう。

日本語教育能力検定試験への合格を目指す場合

日本語教育能力検定試験は、独学で勉強をして合格を目指すことも不可能ではありません。

資格試験自体の受験料が10,600円であり、それに願書や市販のテキストなどを購入しても、先に挙げた2通りの方法に比べて、非常に安い費用で合格を実現することができます。

もし完全な独学が不安であれば、民間スクールの資格試験対策講座を活用して合格を目指すこともできます。

ピンポイントで学ぶ講座であれば、数万円程度で受講することが可能です。

ただし、国内の日本語学校では、日本語教育能力検定試験の合格者よりも、日本語教師養成講座の修了生のほうを優先的に採用する傾向があるとされているため、その点は注意が必要です。

仕事体験談