ネットワークエンジニアの現状と将来性

ネットワークエンジニアの現在

今日ではあらゆる企業でコンピュータが日常的に使われるようになりました。

そのなかで、サーバー環境やネットワーク環境の設計・構築、またそれらが正しく動き続けるように運用・保守を手がけることができるネットワークエンジニアは、安定した需要を保っている仕事です。

また、ネットワークエンジニアの仕事はその性質柄、海外の企業へ委託するといったことが難しいとされており、求人状況もそれなりに安定しているようです。

インフラを必要とする企業において、すでにネットワークの構築はほぼ終わっているいま、ネットワークエンジニアの仕事はなくなっていくという見方もあります。

しかしながら、運用や保守は継続的に行っていく必要があるため、今後も需要が急激に下がる、あるいは仕事がなくなるといったことは考えにくいといえるでしょう。

時代のニーズに対応できるかが勝負

クラウド時代が到来し、ネットワークエンジニアの仕事内容や働き方は、少しずつ変わりつつあるようです。

たとえば、クラウド化で自社内のシステムやネットワーク領域の一部が外部に委ねられれば、運用や保守といった手を動かす作業は少しずつ減っていくでしょう。

その一方、今後は企業が利益を生むためのインフラやネットワークの設計構築など、これまで以上に頭を動かす仕事が増えていくことが予想されます。

専門知識を備えていることは必須ですが、それをどうビジネスの現場で生かしていくかを考えていける「企画提案力」を備えたエンジニアのニーズは、さらに高まっていくでしょう。

なお、クラウドの波は今後もさらに大きくなることが考えられており、クラウドに精通したネットワークエンジニアの市場価値は、まだまだ高い状態を維持すると考えられています。

ITの世界は非常に変化が速いため、現在の立ち位置に満足してあぐらをかいていては、後から走ってきた人にあっという間に抜かれてしまうこともあります。

他のIT技術職と同様、常に最前線の知識を身につけ、必要とされるエンジニアであり続ける努力が求められます。