ネットワークエンジニアの1日

ネットワークエンジニアといっても、会社によって監視業務や運用業務、設計・構築などさまざまな業務があり、それぞれ1日の過ごし方も変わってきます。

また、ネットワークの監視を担当する際など、場合によっては24時間を3~4交代制で勤務することもあり、勤務時間が不規則となるケースもあります。

ルーティンの仕事もあるものの、万が一のトラブル時にはその場で最適な解決策を判断して対処する必要があるなど、臨機応変な動きも求められます。

ここでは、主に日勤で運用を行っているネットワークエンジニアのある1日について紹介します。

ネットワークエンジニアのある1日

08:30 出勤

まずはメールチェックをし、その日の作業内容やミーティング内容を確認。

08:50 朝礼

部内での伝達事項を共有します。週に一度は朝一番での定例会議も行われます。

09:00 業務開始

回線などに障害が起きていないか、監視端末のログチェックを行います。万が一、障害が発生すれば原因を推測し、対処します。

10:00 お客さま対応

メールや電話で入ってくるお客さまからの依頼に対応します。わからないことは先輩にすぐ相談。

12:30 休憩

他のメンバーと一緒にランチタイムをとります。仕事はパソコンに向かっている時間が長いため、外に出てリフレッシュ。

14:00 ミーティング

新規案件について、営業を行っているエンジニアたちとミーティング。積極的に意見を発信しながら参加します。

17:00 ドキュメント作成

ネットワークの性能測定試験を行った結果の報告書を作成します。

18:00 日報作成

1日の業務内容をまとめ、上司に提出します。

18:30 退社

忙しい日もありますが、トラブルがなければあまり残業をせずに帰宅できます。