ネットワークエンジニアの働き方(派遣、フリーランス)

ネットワークエンジニアは、会社で正社員として働く以外に、派遣やフリーランスの形で働く人も多くいます。

ここでは、それぞれの働き方の特徴について紹介します。

派遣社員

派遣社員として働く場合には、メーカー、金融系企業、通信会社など、さまざま業界での仕事があります。

ネットワークエンジニアの需要は大きく、大手企業の案件もたくさんあるようです。

派遣で働きたい場合には、まず派遣会社への登録を行う必要があります。

派遣会社といってもたくさんありますが、なかにはIT業界やエンジニアの仕事に強い派遣会社もあります。

各社で紹介内容も異なれば、バックアップ体制なども異なります。派遣として仕事を探す際には、いくつかの会社を比べてみるとよいでしょう。

ネットワークエンジニアは技術職であるがゆえ、派遣として働く場合の収入も、経験や所持資格などによって大きく変わります。

ある程度のキャリアを積んでいるエンジニアの場合、派遣でも高めの給料が得られる仕事に携わることができ、月に50万円以上、年収600万円以上を安定して得ている人もいます。

時給は2,500円~3,500円程度が相場となっているようです。

フリーランス

フリーランスになるのに特別な資格が必要なわけではないため、誰でも思い立ったらすぐにフリーとしてやっていくことは不可能ではありません。

しかし、実力がなければ案件を継続的にもらえませんし、クライアントの信頼に応えることはできないため、現実的には会社でさまざまな現場の仕事をこなし、それなりの自信をつけてから独立という流れが一般的といえるでしょう。

フリーランスの場合、会社(クライアント)とは雇用契約ではなく、請負契約を結んで仕事を行います。

給料(報酬)の額や業務内容等については自ら決めて交渉することができるため、自分の思い通りに働きやすい形態だといえるでしょう。

ただし、健康保険などへの加入は自分ですべて行わなければなりませんし、いつ仕事がもらえなくなるかわからない不安定な面もあります。

とはいえ、最近ではクラウド化の波も追い風となり、柔軟なスタンスで多様な案件をこなせるフリーランスのエンジニアが歓迎される場面も増えています。

確かな知識と技術を身につけていけば、フリーでもバリバリと仕事をこなし、会社員と同等かそれ以上の収入を得ることも可能です。