ナレーターに向いている人、適性

どんな人がナレーターに向いているか?

声のお仕事をするナレーター、どんな人がナレーターに向いているのでしょうか?

・文章を読む、朗読するのが好き
・人と話すのが好き
・感情を込めて言葉を話すことができる
・自分のことを上手に表現できる

といった人はナレーターに向いているかもしれません。

ナレーターとして働くためには、ナレーションのスキルはもちろん、自分でいくつものオーディションを受ける必要があります。

中には、養成所の紹介でナレーターとして勤務する人もいますが、多くの人が自ら自分を売り出して、就職先を見つけます。

とくに人気のテレビ局などになると倍率も高くなるのでオーディションの合格率も低くなります。

自分を上手に表現することは非常に重要です。

仕事の適性と必要な能力

ナレーターとして仕事を行っていくうえで、「暗記力」「発声の技術」「表現力」は重要なポイントとなります。

ナレーターの仕事は原稿を見ながらするとイメージされている人が多いですが、たとえばテレビ番組の場合は、テレビの進行内容に合わせてナレーションを行う必要がありますので、ある程度原稿を暗記しておかないといけません。

聞き取りやすい発声をすることはもちろん、適切な感情を込める表現力も重要です。

こういった能力があらかじめ備わっているに越したことはありませんが、仕事をしながらでも、ナレーターの養成所でも十分鍛えることができるものです。

いま現在、ナレーターとしての適性がなさそうに思えても、ナレーターの夢を諦める必要はありません。

読解力がある人

最後に紹介しておきたいナレーターの適性は、読解力を持っていることです。ナレーターは、与えられた台本をもとに演出家の演出通りに声でメッセージを伝えるのが仕事といえるでしょう。

台本と演出をきちんと理解し、ナレーションを吹き込むことで、映像に命が生まれると言っても過言ではありません。演出家がどんなことを狙って映像を作っているのかを正確に把握しなけば、一流のナレーターにはなれません。

読書や映画鑑賞、あるいは、友人などとの人づきあいなどの日常で、その読解力がある人は、ナレーターとしての資質があるといえるでしょう。